NEW

JRA宝塚記念、大波乱必至?サトノダイヤモンドとキセキに危険信号!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宝塚記念の有力馬に危険信号?

 今週末はいよいよJRA(日本中央競馬会)の上半期を締めくくるグランプリの宝塚記念が開催される。18日に発生した大阪北部地震では、栗東トレーニングセンターでも震度4の揺れを計測したが、特に大きな問題はなく、宝塚記念も予定通り開催されるという。その宝塚記念は、“荒れる”というのが大半の見方となっている。

 過去10年で1番人気馬は、オルフェーヴルとゴールドシップの2勝のみ。昨年はキタサンブラック、一昨年はドゥラメンテが1番人気だったが、いずれも敗退している。過去5年の3連単平均配当は約1800倍だから、穴党にはもってこいのレースといえるだろう。

 今年の宝塚記念のカギを握るのは、クリストフ・ルメール騎手が手綱を取る有馬記念馬・サトノダイヤモンド、ミルコ・デムーロ騎手が鞍上の菊花賞馬・キセキ、昨年の覇者・サトノクラウン、ドバイ帰りのヴィブロス、武豊騎手が騎乗するダンビュライトといった実績馬の取捨選択だ。

 サトノダイヤモンドとヴィブロスは昨年3月以降未勝利で、サトノクラウンも昨年の宝塚記念以降未勝利だ。また、キセキは昨年の菊花賞以降は2戦して9着が2回と、結果を出せていない。そして武豊騎手は騎乗停止処分を受けて5月12日に復帰して以降、わずか2勝しかあげていない。いかに実績があっても、こういった馬たちが人気を集める状況がいかに危険か、そしてどれだけ波乱含みなのかは言うまでもないだろう。

 このように予想が難解な宝塚記念を的中させるのに必要なのは、やはり確かな情報とそれを分析する万全の態勢だろう。特に、宝塚記念だけでなく夏競馬もしっかり馬券で稼ぎたいと考えるのであれば、なおさらだ。

 そこでおススメしたいのが、創業21年の歴史を持つ競馬関係者集団「競馬セブン」だ。競馬セブンは、あらゆる宝塚記念情報を独占しているという。さらに、夏競馬に向けても万全の態勢を敷いているとのこと。その内情について話を聞くと、意外な事実が判明した。これは宝塚記念を揺るがすほど衝撃的な情報である。

「今年の宝塚記念は波乱になるでしょう。スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、レイデオロ、アルアイン、アーモンドアイなどの有力馬は出走せず、ファン投票10位以内で出走するのはサトノダイヤモンド、キセキ、サトノクラウンの3頭のみです。

 今年の出走馬に関する情報を一部公開します。

『この馬は内回り適性があまりにも低い。これまでの成績から人気になるかもしれないが、厳しい』

『放牧先から戻ってきた後の調教をみても、本来の動きではない。今回ばかりは勝負にならなそう』

『ひと叩きしたけれど、青写真通りに一変できなかった。どうしたんだろう』

『まだ前走の影響が残っている。雰囲気からも、目に見えない疲れが残っているかもしれない』

『本当は使いたくなかったが、頭数が揃わないと馬券が売れないというから、出走することになった。5着にでも来れば万々歳だよ』

 このように、実力馬の不安情報が多く届いています。はっきり言ってここまで異常なG1レースはまれでしょう。一方で、

『ウチの馬にはまったく不安がない。状態もいい、コース相性もいい、騎手もいい。マスコミの取材が少なく人気はないみたいだが、逆に配当も上がって“美味しい”んじゃないかな』

といった、波乱の立役者と成り得る“激走穴馬”の存在もスクープ済みです。この宝塚記念は、今までと同じような馬券の切り口や予想法で的中させることは至難の業でしょう。関係者の思惑と本当の勝負馬を把握することが重要です」(競馬セブン担当者)

 この話からもわかるように、今年の宝塚記念は、例年とは違い異様な状況となっている。しかし、それは決してマイナスではなく、その情報を掴んでいる競馬セブンにとっては「絶好の儲けどころ」といえるのだ。

 競馬セブンは創業21年の歴史を持ち、元JRA騎手でJRA競馬学校の教官として福永祐一騎手や池添謙一騎手などのトップジョッキーを育てた徳吉一己氏が総監督を務めている。そして現場暦40年以上のベテラン競馬記者の古川幸弘氏、名馬・タマモクロスを手掛けた小原伊佐美氏や嶋田潤氏といった元JRA調教師、元札幌馬主会理事の斉藤隆氏、元社台スタリオン荻伏場長の林勲氏など、競馬界のトップといえる大物関係者たちが所属している。さらに、全国の競馬施設を数百人規模の情報網でカバーし、徹底した現場主義で「騎手・調教師・生産界」から本物の内部情報を収集している“本物の競馬情報集団”である。

 その実績は申し分なく、先週末も注目重賞のユニコーンステークスで3連単2万2430円の万馬券を的中させただけでなく、17日の阪神7レースでは3連単8万4240円、阪神10レースでは3連単4万1240円という高額万馬券も的中させている。

競馬セブンのオークス情報で大金獲得者が続出!

 実際に競馬セブンを利用している競馬ファンからの投稿を見ると、「払戻56万5100円」「払戻34万2580円」「払戻16万8000円」といった写真が数多く掲載されており、その凄さに圧倒される。

 競馬セブンは多くの競馬関係者が所属、または協力している。その目的は競馬を盛り上げることであり、競馬ファンが馬券を的中させて利益を得ることを最優先に考えている。競馬セブンはその目的の一環として「宝塚記念・馬連3点勝負」を無料で配信するサービスを実施するという。しかも、仮にこの宝塚記念が不的中だった場合、年末の有馬記念まですべてのG1レース情報を無料で公開するというから、その自信は相当高いといえる。

 彼らだけが知る宝塚記念の“本当の情報”は必見。メールアドレスを登録するだけで、無料で利用できるので、ぜひこのチャンスを逃さないでいただきたい。

 そして宝塚記念が終わってもそこでホッとしてはいけない。来週からは競馬セブンが破格の自信で挑むという夏競馬が本格的に開幕する。

 競馬セブンの情報力がフルに発揮される夏競馬は、彼らが「一番のボロ儲けシーズン」と断言するほど。G1レースがなく盛り上がりが欠ける夏競馬こそ、馬券で儲けるには絶好の季節なのだ。競馬セブンでは、来週以降も『今週の目イチ馬主』『社台軍団の本音』『ワケアリ推奨馬券』などの人気コンテンツが無料公開されるので、こちらも合わせてチェックすべきだろう。
(文=編集部)

CLICK → 「無料公開!宝塚記念 馬連3点勝負」競馬セブン

JRA宝塚記念、大波乱必至?サトノダイヤモンドとキセキに危険信号!?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、JRAキセキサトノクラウンサトノダイヤモンドヴィブロス宝塚記念の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事