NEW

W杯コロンビア戦勝利に湧く渋谷で痴漢被害 「人ごみに痴漢はつきもの」?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

W杯コロンビア戦勝利に湧く渋谷で痴漢被害 「人ごみに痴漢はつきもの」?の画像1
JThinstock/Photo by Melpomenem

 6月14日に開幕した2018 FIFAワールドカップロシア大会。6月19日には日本にとって初戦となるコロンビア戦が行われ、日本時間の21時にキックオフ、2-1で日本代表の勝利となり、テレビやネット上は大いに盛り上がった。同じ頃、大勢のサポーターたちが集まっていた東京都渋谷区のスクランブル交差点も、「ニッポン」コールが起こり熱気に包まれていたという。ハロウィンや年末年始のカウントダウン、サッカーの日本代表戦ではお馴染みの光景とも言えるが、ここではトラブルも絶えない。

 今回のコロンビア戦では、大混雑のどさくさに紛れるかたちで痴漢が発生していたといい、Twitter上にはさり気なく胸を触られた、ブラジャーのホックを外されそうになった、などという被害の声が投稿されている。その一方で、「渋谷に行けば痴漢ができる」などという良識を疑うようなツイートも散見される。

 また、渋谷スクランブル交差点の盛り上がりを伝えるスポニチアネックスの記事写真について、写っている男性のひとりが女性の背後から胸を触っているのではないか、という指摘も挙がった。

W杯コロンビア戦勝利に湧く渋谷で痴漢被害 「人ごみに痴漢はつきもの」?のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事