NEW

誰でもイノベーティブなアイデアが生み出せる“5つの思考法”とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『インサイドボックス 究極の創造的思考法』(文藝春秋刊)

 革新的な製品やサービスが誰かによって生み出されたとき、「その手があったか!」と驚くとともに「なんでこんな簡単な発想が自分にはできなかったのだろう?」と悔しい思いをしたことはないだろうか?

 しかし、創造的なアイデアと呼ばれるものは、実は特別な才能や、常人では考えられないような「枠」をはみ出た発想から生まれたものではない。そのことを教えてくれる一冊が『インサイドボックス 究極の創造的思考法』(ドリュー・ボイド、ジェイコブ・ゴールデンバーグ著、池村千秋訳、文藝春秋刊)だ。

 本書によれば、成功を収めている革新的・独創的商品の半分以上は、既成概念の「枠」にとらわれない発想よりも、むしろ、「枠」という制約の中で生み出されたものがほとんどであり、それらを分類していくとたった5つの思考パターンによるアプローチに集約されるという。

 そのパターンとはどのようなものかを紹介しよう。

■イノベーションを起こすたった5つの思考法

・「引き算」の思考法

 それまで欠かせないとみなされていた要素を取り除くのが「引き算」の思考法だ。

 メガネからフレームを取り除くことで生まれたコンタクトレンズ。さまざまな機内サービスや利便性を最小限にすることで業界にイノベーションを起こした格安航空会社。あえて字数を制限することで世界中に広まったTwitter。これらはすべて「引き算」である。

 引き算は、「欠かせない要素」を取り除くことがポイントだと著者。食品における糖質カットなどは機能の仕方を変えているだけなので「引き算」には当たらない。

・「分割」の思考法

 既存の構成要素を分けて、一部を分離して用いるようにするのが「分割」の思考法。

 本体にあった操作ボタンを移した家電製品のリモコン。乗客がチケットを自宅でプリントアウトすることで搭乗手続きのコストや手間を省いている航空会社。あえて樹脂と硬化剤を別々にすることで接着剤が固まる時間をユーザー自身で調節できるエポキシ系接着剤などが、「分割」の思考法で生まれた製品やサービスだ。

 機能や物理的な線引きで製品を分けることで、まったく新しい価値や既存の価値の新しい形を生み出せるのが「分割」の特徴だ。

・「掛け算」の思考法

 製品やサービスの一部の要素をコピーして増量するのが「掛け算」の思考法である。

 刃を二枚にすることでより剃りやすさが増した二枚刃の髭剃り。近視用メガネのレンズを増量することで遠くも見えるようにした遠近両用メガネ。粘着剤を裏表につけた両面テープなどが「掛け算」にあたる。

 要素を単純にコピーするだけではなく、コピーした要素に改良や変更点を加えることが、「掛け算」で独創性を発揮させるポイントだという。

・「一石二鳥」の思考法

 製品やサービスの一つの要素に複数の機能(多くの場合、それまで互いに無関係だと思われていた機能)を持たせるのが「一石二鳥」の思考法。

 日焼け止めの効果もある乳液や保湿クリームなどのリアルな製品はもちろんだが、スマートフォンの懐中電灯アプリや鏡アプリ、また、iPhoneのアプリ開発モデルもユーザーにアウトソーシングするという形で大量の機能が生み出されている。

 十徳ナイフのように別々の機能をもった複数の道具の集合体は、それぞれの要素がバラバラだったときにも担っていた機能を果たしているに過ぎないので「一石二鳥」とは異なることに注意しよう。

誰でもイノベーティブなアイデアが生み出せる“5つの思考法”とは?のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、アイデアイノベーションクリエイティブの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事