NEW

家事負担は「夫2.0割:妻8.0割」 ずいぶん低い家事シェア率

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

家事負担は「夫2.0割:妻8.0割」 ずいぶん低い家事シェア率の画像1
Thinstock/Photo by Vasyl Dolmatov

 大和ハウス工業株式会社は6月20日、30~40代の既婚者男女9700人を対象に家事負担の現状を調査した結果を発表。それによれば、妻が7割以上の家事を負担している家庭が、80%を超えていることがわかった。また、理想の家事シェアの割合は「夫3.2:妻6.8」だが、現状は「夫2.0割:妻8.0割」と大きな開きが見られる。

 男女雇用機会均等法の施行から32年が経過し、政府が「女性の活躍」を推進するようになって久しい今、理想の家事シェアの割合は「夫5:妻5」、せめて「夫4:妻6」くらいでもおかしくなさそうだが、理想でも妻の家事負担は夫より多く、実際は女性の負担がかなり高い。

 国税庁が発表した2016年の平均年収は、男性が521.1万円、女性が279.7万円だった。夫婦間の収入格差から、妻は「家事は私が多くしなくては」という意識を持つ妻も少なくないだろう。

 また、総務省統計局が2017年、女性の家事時間を調査したところ、1996年が2時間37分なのに対し、2016年は2時間24分だった。20年前より専業主婦の数が減り、共働き夫婦が増えたのに、家事時間の変化はほとんど見られない。

家事負担は「夫2.0割:妻8.0割」 ずいぶん低い家事シェア率のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事