NEW

『クレしん』『らき☆すた』…「アニメの聖地といえば埼玉」を目指す埼玉県の観光戦略

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『らき☆すた』の舞台となった久喜市鷲宮の鷲宮神社
 ファンが好きなアニメ作品の舞台などをめぐる「聖地巡礼」がブームとなっていることもあり、今「アニメツーリズム」が注目を浴びている。各自治体が力を入れるなか、埼玉県は「アニメの聖地といえば埼玉」を目指している。


クレヨンしんちゃん』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などの舞台である埼玉県は、「アニメ強化月間」と位置付ける毎年7~10月に大々的に埼玉県のアニメをアピールし、10月には「アニメだ!埼玉~埼玉まるごとアニ玉祭~」を開催するなど、アニメと観光資源を結びつける動きを多数展開している。

 埼玉県のアニメツーリズム戦略について、同県の産業労働部観光課に話を聞いた。

海外でも人気の『クレヨンしんちゃん』


――まず、埼玉県のアニメツーリズム戦略の概要について教えてください。

埼玉県産業労働部観光課(以下、埼玉) 「埼玉県観光づくり基本計画」のなかで行動指針がまとめられています。観光課の主要施策のひとつとして、「アニメの聖地といえば埼玉」を目指しています。

 そのために、国内外のプロモーションをはじめ、毎年7~10月に大々的に埼玉県のアニメのアピールを実施し、10月にはアニメと漫画の総合イベント「アニ玉祭」を官民が一体となった実行委員会形式で開催しています。ほかにも、聖地セミナーや聖地サミットなどの取り組みをしています。また、「鉄道でめぐる!埼玉×アニメ・マンガ横断ラリー」を実施しており、春日部市であれば『クレヨンしんちゃん』、川越市であれば『月がきれい』の舞台などを紹介しています。

 さらに、これまではアニメやマンガの舞台を紹介するだけでしたが、昨年は、ほかの観光地にも足を運んでもらおうということで、川越市であれば「時の鐘」などの観光名所も紹介し、地元からも好評を博しました。同様に、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(秩父市)や 『心が叫びたがってるんだ。』(横瀬町)などでも、それぞれの舞台とともに観光地の紹介もしました。

――地元からも好評ということは、埼玉県民がアニメ・マンガ文化を受け入れたということですか。

埼玉 『らき☆すた』の舞台となった鷲宮町(当時、現・久喜市鷲宮)の例のように、地域の方々がオタク文化を受け入れたことでアニメツーリズムは大きく前進しました。

――どのような経緯や理由で、埼玉県はアニメに舵を切ったのでしょうか。

埼玉 きっかけは、11年前に『らき☆すた』の舞台となった鷲宮町の鷲宮神社がブレイクしたのを見て、「これは有力な観光コンテンツになる」と当時の担当者が考えたことです。そこで、5年前から「アニ玉祭」を開催するようになり、試行錯誤を重ねて今に至ります。

――海外に強いコンテンツというのはあるのでしょうか。

埼玉 『クレヨンしんちゃん』です。香港で本やおもちゃを販売する「香港ブックフェア」では、日本のブースで埼玉県も出展しPRしています。そこでしんちゃんの着ぐるみが登場すると、すごく盛り上がりました。

『クレヨンしんちゃん』に関しては、ほかにも埼玉県、春日部市、東武鉄道、イトーヨーカドー春日部店が連携して、地元の春日部をしんちゃんが盛り上げるという試みも行いました。しんちゃんのラッピングトレインとラッピングバスを運行し、イトーヨーカドー春日部店のマークを一時的に作品内のデパート「サトーココノカドー」のものにするなどの取り組みが行われ、広報などで県も協力しました。

『クレしん』『らき☆すた』…「アニメの聖地といえば埼玉」を目指す埼玉県の観光戦略のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、アニメクレヨンしんちゃん埼玉県観光の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事