NEW

六代目山口組総本部のガレージ当番をさせたとして、直参組長が逮捕……どんな罪に当たるのか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
六代目山口組総本部に入るために必要なIDカード

 神戸市篠原にある六代目山口組総本部には、直参組織の持ち回りで行われている「ガレージ当番」という当番制度がある。

 ガレージ当番とは、総本部に出入りする車両の出し入れの確認や、車両を誘導する役割などを担っており、365日24時間体制で行われて、同時に総本部周辺の巡回なども行っている。六代目山口組分裂直後には、万が一の事態に備えて、当番にあたる組員らに防弾チョッキの着用が義務づけられたこともあった。

 そうしたガレージ当番に、組員ではない一般人を派遣させていたとして6月25日、石川県に本部を置く二代目昭成会・田保伸一会長が、職業安定法違反容疑で石川県警に逮捕された。一般人に公衆道徳上問題のある業務に就かせる目的で職業紹介をした罪に当てはまると思われる。

 近年、事務所当番に組員ではない一般人を入れていたとして、強要などの罪名で組幹部らが逮捕されるケースが起きている。また、去年10月にも、六代目山口組系二次団体幹部らが「これから当番に連れて行くから行儀よくしろ」と一般人を脅したとして、逮捕されている。

 だが今回の田保会長の逮捕は、こうしたケースとは少し異なるとの見方があるようだ。ある幹部はこう話す。

「昔から、『当番に入っとけ』と半ば強引に事務所に連れて行き、当番を任せることはどこの組織にでもあった。それを強要といわれれば、確かに時代が時代だから、そうとられてしまうかもしれない。だが、それにしても、カタギの人間を連れていくことはない。あくまで、今でいう“関係者”だ。そうでなければ、ヤクザと関わりができるわけがないし、事務所当番に連れていくなんてことにはならない」

 そうした状況を踏まえた上で、今回の田保会長の逮捕についても、事情を知らない一般人をガレージ当番に入れたとする解釈には無理があるのではないかと語る。

「六代目体制が発足してからは、総本部に登録しIDカードを発行された者でなければ、総本部に出入りすることができなくなった。登録するには、本人の名前、所属するブロックや組織名称はもちろん、証明写真も必要で、それを提出しないとIDカードは発行されない。証明写真はそのままIDカードに貼られてあり、その写真と照らし合わせて初めて総本部に出入りすることが許される。ガレージ当番にあたる人物に対しても、IDカードの携帯が義務付けられており、今回のケースでも、IDカードを発行してもらうために、証明写真を自ら撮りに行き、総本部に提出している時点で、『一般人が当番に行った』という理屈は通らないのではないか」(同幹部)

六代目山口組総本部のガレージ当番をさせたとして、直参組長が逮捕……どんな罪に当たるのか?のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、任侠山口組六代目山口組神戸山口組の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事