NEW

小山慶一郎の早すぎる復帰に何も言えず! ジャニーズタブーに怯えるマスコミの弱腰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

小山慶一郎の早すぎる復帰に何も言えず! ジャニーズタブーに怯えるマスコミの弱腰の画像1
『BLUE』NEWS

 未成年女性との飲酒を報道されたことを受けて、今月7日から活動自粛となっていたNEWSの小山慶一郎が、27日のテレビ収録から芸能活動を再開した。ただし、報道番組である『news every.』(日本テレビ)だけは今後も出演を控える予定だ。

 20日間の謹慎の間、小山慶一郎は事務所が開くコンプライアンス講習を3度受講し、迷惑をかけた仕事関係者に謝罪文を書くなどして反省をしていたと報じられている。活動再開にあたり小山は<この活動再開の機会を頂くまでに、ファンの皆さんはもちろんのこと、多くの方からの叱咤激励を頂きました。今後、厳しい目で見られることも、しっかりと受け止め、覚悟を決めて、この道を進むことをお許しください>とのコメントを出している。

 一方、「ちょっと早めの夏休み」程度でしかない、たった20日間の自粛期間には疑問の声が相次いでいる。たとえば、本日付サンケイスポーツで、デーブ・スペクターは、小山の復帰を<早すぎる>としたうえで<活動自粛というのは、自宅でおとなしくしていれば良いということではない。大人として上手な遊び方を知らないと、ストレスがたまったときにまた同じ事を繰り返すと思う>とコメントしているが、インターネット上では同様に、あまりにも早すぎる復帰を危ぶむ指摘が多く書き込まれている。

小山慶一郎の早すぎる復帰に何も言えず! ジャニーズタブーに怯えるマスコミの弱腰のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事