NEW
中西貴之「化学に恋するアピシウス」

宇宙人は存在するのか?NASA、地球外生命体の発見を目指す…

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 地球は太陽系の惑星のひとつですが、太陽系以外にも惑星を持つ惑星系はあるのでしょうか。それは、「この宇宙に私たち以外に生命がいるのか」という疑問につながる、1990年代の天文学において最大の謎でした。92年に人類が初めて太陽系以外の惑星を発見し、これまでに4000個近い惑星が発見されています。すでに地球そっくりな惑星も見つかっているので、地球外生命が確認されるのも時間の問題かもしれません。

 しかし、4000個も発見されている惑星のなかで、望遠鏡で観測して発見された惑星はひとつもありません。それらはすべて、「惑星があるなら、このような現象が起きるはず」という理論的な考察によって発見されています。

 身近な例でいえば、日食。日食は、地球と太陽の間を月が通過する際に太陽が隠される現象ですが、このときに太陽は暗くなります。それによって、私たちは月が太陽の手前を横切っていることを知ることができます。

 太陽系外惑星を探す方法はいくつかありますが、もっとも成果を上げているのが日食の観測と同じ方法です。つまり、ある星を観測しているときに、地球とその星の間を惑星が横切れば星の明るさが暗くなるため、そこに惑星があることを知ることができるという観測手法で、トランジット法と呼ばれます。

 しかし、星の手前を惑星が横切ることによって生じる明るさの変化は、ほんのわずかです。たとえば、太陽系をほかの星の宇宙人天文学者が観測するとしましょう。太陽系最大の惑星である木星が太陽を横切ることで、太陽の明るさの変化を観測できるものと思われますが、わずか1%暗くなるだけです。

 2009年にケプラーという人工衛星が打ち上げられました。ケプラーはトランジット法に特化して太陽系外惑星を探すための宇宙望遠鏡です。ケプラーは3000個近くの惑星系を発見しており、それらは天文学者の想像をはるかに超えるものばかりでした。

 たとえば、太陽系の水星よりも内側、太陽すれすれの軌道を木星よりも巨大な惑星が何個も超高速で回っているような惑星系です。しかも、それらは決して珍しい異様な惑星系ではなく、むしろそちらのほうが一般的であるように思えました。つまり、太陽系のような太陽の近くと遠くに小さな惑星、その間に大きな惑星が収まっているバランスのよい惑星系は、宇宙でもまれな存在だったのです。

ケプラー探査機(提供=NASA)
 しかし、これは正しい解釈なのでしょうか? 科学者は、これについて「ケプラーバイアス」と呼んでいます。つまり、私たちはケプラーで発見できる惑星しか知ることができないので、「『ケプラーが見たものが宇宙の真理だ』と勘違いしてしまいがち」ということです。

 設計上、ケプラーは宇宙の一方向しか観測できません。しかも、観測できる範囲は夜空全体のわずか400分の1の限られた範囲です。その結果、これまで発見された惑星はいずれも地球からはるか遠く、光の速さで飛んで行っても数千年もかかるような惑星ばかりです。

『食べ物はこうして血となり肉となる~ちょっと意外な体の中の食物動態~』

野菜を食べると体によい。牛肉を食べると力が出る。食べ物を食べるだけで健康に影響を及ぼし気分にまで作用する。なんの変哲もない食べ物になぜそんなことができるのか? そんな不思議に迫るべく食べ物の体内動態をちょっと覗いてみよう。

amazon_associate_logo.jpg

宇宙人は存在するのか?NASA、地球外生命体の発見を目指す…のページです。ビジネスジャーナルは、連載、NASA人工衛星地球宇宙宇宙人惑星の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事