NEW

小山慶一郎、たった20日間の活動自粛→新曲「話題づくり」活動再開に「自粛じゃなく夏休み」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
27日に発売したNEWSのニューシングル『BLUE』

 アイドルグループNEWSの小山慶一郎が、6月27日から芸能活動を再開した。未成年女性に飲酒を強要したことが報じられ、8日から活動を自粛していたが、インターネット上では「いくらなんでも復帰するのが早すぎ」などと波紋を呼んでいる。

 NEWSが所属するジャニーズ事務所は26日、公式サイトで「タレントの小山慶一郎は、2018年6月8日以降すべての芸能活動を自粛し、それまでの生活から離れて徹底的に自分自身と向き合う時間を過ごしてまいりました」と経緯を説明。さらに、面談を行った結果、小山から「これまでの行動に関する真摯な反省に加え、今後についての具体的な改善策や強い決意」が伝えられたという。それを受けて小山の活動再開を判断したが、「報道キャスターとしての小山の活動につきましては、引き続き差し控えさせていただく所存でございます」と補足している。

 小山も「活動再開の機会を頂くまでに、ファンの皆さんはもちろんのこと、多くの方から叱咤激励を頂きました。厳しい目で見られることも、しっかりと受け止め、覚悟を決めて、この道を進むことをお許しください」とコメントし、自身の行動を深く反省している様子をみせている。

 しかしネット上では、「活動自粛じゃなくて、ひと足早い夏休みとしか思えない」「自粛期間が短すぎて、なんの重みも感じられない」「こんな短期間じゃ反省できてないでしょ」「ひと月も自粛せずに活動再開するのか」など、疑問視する声が多く上がった。

 なかには、NEWSのほかのメンバーとの処遇の違いに疑問を持つ人もいる。2006年には、NEWSメンバーだった内博貴が当時未成年だったにもかかわらず飲酒をし、無期限謹慎処分を受けている。同じ飲酒絡みのトラブルにもかかわらず、早々に活動復帰した小山を見て、「なぜグループ内でこんなに処分の差が生まれるのか」「内くんは小山くんの活動復帰をどう感じているんだろう」といった反応がみられる。

 また、小山の復帰した27日が、NEWSのニューシングル『BLUE』の発売日であることに疑念を抱いた人も多いようだ。ネット上には、「小山の活動再開が27日からっていうところに“オトナの事情”を感じる」「新曲発売のタイミングで活動復帰って、話題づくりかよ」と批判の目を向ける意見が少なくない。

 27日放送のワイドショー『今日感テレビ』(RKB毎日放送)では、コメンテーターの大野尚が小山の復帰についてコメント。「私自身は(復帰が)早いとも遅いとも思わない」「自分と向き合う時間があったことが、小山さんにとってプラスに生きていくんじゃないかと思う」と、活動自粛後の変化に期待を寄せていた。

 NEWSのメンバーは、30日放送の音楽番組『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)に出演予定。グループとしてのテレビ出演は、小山らの問題が発覚してから初となるが、果たしてどのような内容になるのだろうか。
(文=編集部)

小山慶一郎、たった20日間の活動自粛→新曲「話題づくり」活動再開に「自粛じゃなく夏休み」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、NEWSジャニーズ事務所小山慶一郎の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事