NEW

2018上半期オリコンCDランキングがよくわからない!?  YouTubeの再生回数と比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

2018上半期オリコンCDランキングがよくわからない!?  YouTubeの再生回数と比較の画像1
DA PUMP OFFICIAL WEBSITEより

 オリコンのシングルCD上半期(2018年)売り上げランキングが発表された。1位は、AKB48の52枚目シングル「Teacher Teacher」で174.1万枚。先頃おこなわれた48グループの選抜総選挙・投票権が封入されており、通常以上に大量買いをするファンが多かったものと思われるシングルだ。2位は乃木坂46の「シンクロニシティ」で127.7万枚、3位はAKB48の「ジャーバージャ」で116.9万枚、4位は欅坂46の「ガラスを割れ!」で101.0万枚、5位はKing & Princeの「シンデレラガール」で62.6万枚と続いた。上位を秋元康率いるアイドルグループが独占し、ジャニーズのグループが続いているが、この流れはここ数年ですっかり定番化している。

 しかし<上半期ベスト5>と呼ぶにしては、どれも局地的な流行であると言わざるを得ない。幅広い世代のユーザーが聴き、歌い、耳に残る曲がこの中にあるかと言われれば……NOだろう。もちろんAKB48でも「ヘビーローテーション」「恋するフォーチュンクッキー」のように全世代に広まった楽曲は過去にあるが、上記の楽曲は売上枚数こそ多くとも、そうした流行曲とは別物である。坂道グループもまた、男女問わず人気があることは確かだが、この売上枚数は握手券ありきではないだろうか。

 2018年上半期、流行った曲がないわけではない。たとえば、『映画ドラえもん のび太の宝島』の主題歌となった星野源(37)の「ドラえもん」は、「ドドドドドドドドドッ ドラえもん」というフレーズが中毒性を持つと話題に。YouTubeの公式動画再生回数は約2,670万回(6月26日集計、以下同)だ。

2018上半期オリコンCDランキングがよくわからない!?  YouTubeの再生回数と比較のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事