NEW

レモンサワー好きには、たまらない!コカ・コーラ「檸檬堂」、秘密の製法でヒット確実?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
檸檬堂 HP」より

 日本コカ・コーラは5月28日、「檸檬堂(れもんどう)」と銘打った缶チューハイのレモンサワー専門ブランドを、九州地区限定で新発売した。

 ラインアップは「定番レモン」「塩レモン」「はちみつレモン」の3種類で、メーカー希望小売価格は1缶350mlで150円(税別)。コカ・コーラグループ全体としては、1970年代にアメリカでワイン事業に着手したことはあったが(1983年に撤退)、日本では初のアルコール飲料となるので、世間の目には新鮮に映っているだろう。

 そもそも、なぜこのタイミングでアルコール事業に参入したのか、日本コカ・コーラ広報部の飯田征樹氏は次のように語る。

「今回の『檸檬堂』というレモンサワーの発売は、日本というユニークな市場で、当社が持続的な成長を続けていくための実験的な取り組みのひとつです。当社は現在、これまでの清涼飲料の商品ラインアップではアプローチできなかった売り場やお客様に向けたご提案を、積極的に行っております。

 たとえば、昨年3月の発売以降ご好評いただいている特定保健用食品(トクホ)の『コカ・コーラ プラス』や、今年4月に発表したフローズン飲料の『コカ・コーラ フローズン レモン』といった製品も、そうした取り組みの一環でした」(飯田氏)

レモンフレーバーが人気の日本で「檸檬堂」はいかにして戦うのか


 では、数あるアルコールのなかでも、日本コカ・コーラがレモンサワーで勝負しようと決定した理由はなんだったのか。

「檸檬堂」のブランドマネージャーを務めるパトリック・サブストローム氏いわく、自身で実際に居酒屋巡りをしてみたところ、「東京の恵比寿や新宿をはじめ、こだわりのレモンサワーを出す店が繁盛していた」のだという。

 また、近年は各地でレモンサワーに特化したイベントが開催されるようになっていたり、缶チューハイ市場ではレモンフレーバーが最もよく飲まれていたりといった現状も、「檸檬堂」開発の動機になったそうだ。

 参考までに、ネット通販大手のアマゾンが昨年11月13日から今年4月30日にかけて集計した「Amazonランキング大賞2018上半期」のチューハイ・カクテル部門をチェックしてみよう。1位こそキリンの「本搾りチューハイ グレープフルーツ」に譲っているが、2位から6位までは確かに、キリンの「氷結レモン」やサントリーの「-196℃ ストロングゼロ ダブルレモン」、宝酒造の「焼酎ハイボール レモン」といった、レモンフレーバーの商品が占めている。

 そんな競合他社のレモンサワーに対し、後発の「檸檬堂」が製法面でアピールしているのは、とある日本の居酒屋に教わったという“前割りレモン”の使用。皮ごとすりおろしたレモン果汁を、あらかじめアルコールに漬けて馴染ませておくことで、レモンサワーの味わいにより一層の深みをもたらした。

 もちろん、「檸檬堂」という“和”を感じるネーミングや、前掛けをモチーフにしたパッケージでも、他社商品との差別化が図られているのは明らかだ。コンセプトは“こだわりのレモンサワーを出すお店”とのことで、デザインを担当した原田朋子氏は“まだ若いけれど自分なりに工夫をしておいしいレモンサワーをつくっている、職人のような大将”をブランドのキャラクターに想定したと話す。テレビCMでは、架空のレモンサワー専門店「檸檬堂」の店主として阿部寛を起用しており、絶妙なキャスティングといえるだろう。

レモンサワー好きには、たまらない!コカ・コーラ「檸檬堂」、秘密の製法でヒット確実?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、日本コカ・コーラ檸檬堂缶チューハイの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事