NEW

中居正広、ジャニーズ退所の可能性は消えず…9月の契約更新日まで流動的か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
図=嶋名隆/イラストレーター

 今年もまた、ジャニーズ事務所との契約更新をめぐり、元SMAP・中居正広の動向にさまざまな憶測が飛び交っている。ジャニーズを退所するのではないかという報道がある一方、6月26日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)は、中居がすでに“残留”の意向を事務所に伝えていると報じた。

「ジャニーズの場合、所属タレントは契約更新日の3カ月前には契約を更新するかどうかの申し入れをする取り決めになっています。中居さんの契約更新日は9月なので、6月に入って進退についての報道が増えていたんですよ。ただ、本当に残留の意向を示しているかどうかは定かではないと思います。確かに、退所となれば現在のレギュラー番組をすべて降板することになりますが、いまだテレビ局のほうにはなんの報告もありませんから」(テレビ局関係者)

 このテレビ局関係者によれば、“退所”の可能性を否定しきれない理由のひとつとして、TOKIOの解散騒動があると話す。

「今年4月、元TOKIO・山口達也の未成年女性わいせつ事件をめぐって、リーダーの城島茂がTOKIOを解散するかどうかの選択を迫られていました。その時に、城島に解散を思いとどまらせたのが、中居だったんですよ。もともと2人は一時期、合宿所で一緒に生活していた仲。中居は自分がSMAPの解散を止められなかったという後悔から、城島を説得したそうです。

 しかし、その話をスポーツ紙がジャニーズに当たったところ、『やめてほしい』『そんな話はない』『城島は中居の携帯番号すら知らない』と、真っ向から否定してきたんだとか。本来なら、ジャニーズ内の絆をうかがわせる“いい話”なので、わざわざ否定することではないのですが、それを全否定した背景には、中居さんの退所があるのではないか? とも言われていますよ。ジャニーズは、退所するタレントに関するポジティブな報道を嫌いますから」(同)

 一方で、退所か残留かは「五分五分だ」と、別のテレビ局関係者は話す。

「契約更新については、中居とジャニーズ、それぞれの代理人の間では秘密保持契約が結ばれていて、正式発表があるまで本当のところはわからないというのが実情です。しかも、最近のジャニーズは契約更新日の直前まで、テレビ局関係者にも契約更新について報告してこない。昨年に稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が退所したときもそうでしたが、8月末頃までにテレビ局に方向性について情報が入り、早ければ12月いっぱい、長ければ次の3月までに出演番組を整理していくような調整に入ります。それに、3カ月前の申告が必要とはいえ、それから実際の更新日までに対話を重ねていくことになりますから、今の時点で退所、もしくは残留の意向を示していたとしても、直前に覆ることもあり得るんです」

 とはいえ、「TOKIO、NEWSと続いたグループの不祥事によって、ジャニーズも中居の退所問題にまで気が回っていないのではないか」(マスコミ関係者)との声もある。ファンは、契約更新日まで気をもむことになりそうだ。
(文=編集部)

中居正広、ジャニーズ退所の可能性は消えず…9月の契約更新日まで流動的かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、TOKIOジャニーズ事務所中居正広の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事