NEW

コーヒー、米国で発がんリスク表示義務化、スタバらの反論却下…がん予防効果との研究も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 3月28日、アメリカのカリフォルニア州上位裁判所の判事が、州内で販売されるコーヒー商品発がんリスクを警告するラベルを貼るべきという判決を下した。

 今回の争点となっていたのは、コーヒーを焙煎した際に発生する「アクリルアミド」という物質であり、国際がん研究機関はこれを「ヒトに対しておそらく発がん性がある物質(グループ2A)」と分類している。そんなアクリルアミドが商品に含まれていることを消費者に告知していないとして、カリフォルニア州に拠点を置く毒物に関する研究団体(CERT)が、スターバックスを始めとするコーヒー関連の約90社を提訴したのが2010年。8年にわたる法廷闘争の末、スターバックスらが提訴内容を否定する十分な根拠を証明できなかったとして、今回の判決が下されたとのことである。

 コーヒーは日本でもポピュラーな飲み物であるが、ビジネスパーソンであれば、仕事中の“ガソリン”として毎日のように飲んでいるという人も多いことだろう。

 コーヒーの影響についてはたびたび論じられている。切り口も結論もさまざまだが、今回、1日1杯コーヒーを飲む生活を送った場合、健康に対してどのような影響を及ぼすのかについて、『我が輩は珈琲博士―笑いと科学のスペシャルブレンド』(時鐘舎)の著者である、金沢大学名誉教授、日本コーヒー文化学会会長の廣瀬幸雄氏に話を聞いた。

発がん性リスクのあるアクリルアミドの含有率は“極々微量”


 まず初めに、コーヒーに含まれる主な成分と、その効果について聞いた。

「コーヒーに含まれる主な成分としては、カフェインやポリフェノールが挙げられます。カフェインは覚醒作用や抗酸化作用などのある物質で、100ccのコーヒーの中に100㎎以下の量が含まれています。近年エナジードリンクの飲み過ぎでカフェイン中毒になったり、そのまま死亡してしまう事案がありますが、カフェインの致死量は1回4~5g程度なので、コンビニコーヒーを1日に40~50杯分飲むようなことがなければ、死に至るようなことはありません。

 また、実はポリフェノールの含有量はカフェインより多く、100ccのコーヒーの中に100㎎~200mg程度含まれています。特にクロロゲン酸という種類のポリフェノールが多く含まれているのですが、これにはがん予防効果があるとされています。ですから、むしろがん予防の目的でコーヒーを飲むことが医療対策として行われることもあるのです。

 今回問題となったアクリルアミドに関しては、100ccのコーヒー中の含有量が、インスタントコーヒーなら0.09mg、レギュラーコーヒーなら0.04mgと微々たるもの。確かに発がん性物質ではありますが、率直に言って気にするほどの量ではありません」(廣瀬氏)

 それでは、1日に1杯コーヒーを飲む生活を続けた場合、健康にいいのだろうか、それとも悪いのだろうか。

コーヒー、米国で発がんリスク表示義務化、スタバらの反論却下…がん予防効果との研究ものページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、カフェイン中毒コーヒー商品発がんリスクの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事