NEW
林裕之&林葉子「少油生活のススメ」

『金スマ』の「ツナ缶の油は捨てずに使う」に疑問…DHAは微量、健康被害の恐れも

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

『医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』(ダイヤモンド社)が話題になっています。発売8カ月で53万部を超えるベストセラーになっており、内容についてテレビ番組などでも取り上げられています。著者は糖尿病を専門とする牧田善二医師で、この本のほかにも糖質制限関連の本を多数執筆しておられます。

 この本の内容が、バラエティ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で「医者が教える正しい食事術 第2弾」と題して6月22日に放送されました。

 いくつか紹介された意外な食事術のなかで、タレントの早見優さんがつくったツナパスタでの油漬けツナ缶の使い方が間違っていると指摘されていました。

 早見さんは、これまで太るのを気にしてカロリーの高いツナ缶の油を捨てていたのですが、それが間違いだというのです。番組内で指摘されたのは、以下の点です。

・原料のビンチョウマグロは青魚なのでDHA.EPAが多く、そのDHA.EPAがツナ缶の油に溶け込んでいるので捨てるのはもったいない
・むしろその油を使って調理したほうが良い
・そもそも油では太らない

 その解説として、牧田医師は「油漬けツナ缶の食事術」を以下のように提唱しています。

・太る原因はカロリーではなく、血糖値の急上昇である。
・糖質(炭水化物)の多量摂取で急上昇した血糖値は急激に下げなければならないが、そのときのインスリンの働きが摂取した糖質が多いとエネルギーとして消費するだけでは間に合わず、余った糖質が脂肪として蓄えられることが、人が太る唯一の原因である。
・つまり、肉の脂身や植物油などの脂肪はカロリーが多くても肥満とは関係がないので、ツナ缶の油も捨てる必要はない。
・ましてやツナ缶の油にはDHA、EPAなどの体に良い成分が含まれているので、余計に捨てるのはもったいない。

 この説が意外だったようで、司会の中居正広さんをはじめ、スタジオでは驚きの声が上がっていました。

『金スマ』の「ツナ缶の油は捨てずに使う」に疑問…DHAは微量、健康被害の恐れものページです。ビジネスジャーナルは、連載、DHAEPA油漬けツナ缶の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事