NEW

スズキ、インド新車市場シェア50%確保へ…世界的企業へ飛躍かけ10年の超長期計画始動

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スズキ本社(「Wikipedia」より/Niba)

 自動車大手スズキが、“本気”で海外ビジネスを強化すると表明した。6月28日、浜松市で開催された同社の定時株主総会は、その本気度を確認する場となった。
 
 スズキが狙うのは、インド市場での競争力引き上げだ。2030年、インドの四輪車市場は、年間1,000万台の新車販売台数を誇るマーケットに成長すると考えられている。スズキはこの市場で半分=500万台のシェアを確保すると表明したのである。

 わが国の企業を見渡しても、ここまで大胆かつ野心的な経営の目標を掲げる企業は少ない。むしろ、販売地域の分散などを進めたほうが、経営のリスクを抑制できるという考えが優先されやすい。一方、スズキはインド市場への選択と集中を重視している。それだけ、インド市場での競争力を高めることに、同社は真剣だ。

 自動車業界は100年に1度ともいわれる変化に直面している。電気自動車(EV)、自動運転テクノロジーを搭載したコネクテッドカーの開発などは、その代表例だ。変化のなかで、スズキがどのようにインドでの競争力を高めていくか、注目していきたい。

インド市場にターゲットを絞るスズキの大胆さ


 現状、インドの自動車市場はスズキにとって“ドル箱”だ。それは同社の四輪車売上に占めるインドの比率を見ればよくわかる。2018年3月期、同社の四輪車事業の売上高は3.4兆円だった。地域ごとにこの売上高を見ると、国内での売上高は1兆円程度、海外が約2.4兆円だ。海外のうち1.3兆円程度がインドで獲得されている。全社売上高に占める割合で見ても、インド四輪車事業の占める割合は35%と非常に高い。前期からの営業利益率の伸びを見ても、インドをはじめとするアジア地域の増益率は国内や欧州よりも高い。

 加えて、インドの自動車販売台数は右肩上がりで増加することが期待されている。2017年、インドの新車販売台数は400万台に達し、ドイツを抜いて世界第4位にランクインした。なお、トップスリーは中国(2880万台)、米国(1720万台)、日本(520万台)だ。2020年に、インドがわが国の新車販売台数を抜くとの予想は多い。

 インドは、スズキの成長にとって抜きにしては語れない市場であることがわかる。これを基盤にして、インドの自動車市場を手中に収めんとばかりに、スズキは競争力の引き上げに関するコミットメントを示した。

スズキ、インド新車市場シェア50%確保へ…世界的企業へ飛躍かけ10年の超長期計画始動のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、インド市場スズキトヨタの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事