NEW

介護現場からの“#MeToo”運動 利用者だけでなくその家族からも7割がハラスメント被害

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

介護現場からの#MeToo運動 利用者だけでなくその家族からも7割がハラスメント被害の画像1
hinstock/Photo by Halfpoint

 つばを吐きかけられたり、噛みつかれそうになったり。ケア中にアダルトビデオを見せつけられたり、はたまた抱きつかれ、ベッドに押し倒されたり――。介護職員の労働組合「UAゼンセン・日本介護クラフトユニオン(NCCU)」は2018年6月21日、介護職員の74.2%が、利用者または家族からのセクハラもしくはパワハラを経験しているとするアンケート結果を公表した。

 NCCUは4月10日、組合員約7万8000人に、「ご利用者·ご家族からのハラスメントに関するアンケート」と題する調査票を送付。翌5月末の締め切りまでに、介護従事者2411人(女性2107人、男性293人、性別無回答11人)から回答を得た。それによれば、回答者全体のうちの74.2%(1790人)がセクハラ、またはパワハラ等なんらかのハラスメントを受けたと回答したという。

「セクハラを受けたことがある」と答えた女性職員は685人(32.6%)、男性職員は30人(10.2%)。「どのようなセクハラに遭遇したか(複数回答)」を見ると、「サービス提供上、不必要に個人的な接触をはかる」(53.5%)、「性的冗談を繰り返したり、しつこく言う」(52.6%)、「サービス提供中に胸や腰などをじっと見る」(26.7%)と続いた。

介護現場からの“#MeToo”運動 利用者だけでなくその家族からも7割がハラスメント被害のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事