NEW

増加する「まったく料理をしない妻」、原因は夫? 夫が絶対言ってはいけないNGワード

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

料理をしない妻”にスポットを当てた6月12日付「マネーポストWEB」記事『食事は家事代行と外食…料理をしない麻布妻の定番文句とは』が掲載直後、一部インターネット上で話題を呼んでいた。

 記事の内容を紹介すると、ある日、既婚の女性ライターが“セレブな麻布妻”のママ友に百貨店の食品売り場で遭遇し、「買い物ついでに夕飯の材料を買おうかなって」と話すと、「え? 夕飯作ってんの? やーだ! 子育て中だよ、私たち? 夕飯なんて作る?」という反応が返ってきたという。さらに、「週1回は、家事代行サービスの人が掃除と一緒に作るんだけど、他は外食」「(自分が)作るのは月に1度あるかないか」などと家庭の食事事情を明かされたという。

 この記事を受け、ネット上では既婚女性から次のような反響の声が続出した。

「こっちも働いてるのに、旦那が家事を手伝ってくれないから、我が家も自炊なしで済ませてます」
「毎日のメニューを考えるのはすごいストレスだから、気持ちはわかるなあ」
「子どもにはやっぱり“お袋の味”を思い出に残してほしいから、少しでも自炊はするべきでは?」

 また自身の妻や知り合いなど、自炊をまったくしない人が周囲にいるという男性たちからも、以下のようにさまざまな声が上がっている。

「共働きなので食事は外食で割り切ってるけど、たまには手料理が恋しくなります……」
「知り合い夫婦はお互い全然料理しないみたいだけど、ずっとうまく続いてるよ」
「友人の奥さんは仕事が毎日忙しくて、自炊は完全に諦めているみたいです」

 共働きによる負担の大きさから自炊を断念する夫婦も多いようだが、今年2月に公開された「世界5カ国の『共働き』に関する意識調査」(リンナイ調べ)によると、日本人男性の7割以上が妻に料理を任せっきりにしている結果が明らかに。調査の結果を受けて立命館大学産業社会学部・筒井淳也教授は「『仕事をしない主婦が完璧な家事・育児をこなす』ような1970年代的な社会環境は失われつつあります」とコメント。

 筒井教授はさらに「共働き夫婦では、『毎日やっていた作業を2~3日に1度にする』といった割り切りは、仕方がないというよりも『必須』なのです」と続け、完璧な家事をしない・求めないことの重要さを強調している。生活を送るうえで欠かせない家事も、カットできる部分は簡略化が必要なのかもしれない。

増加する「まったく料理をしない妻」、原因は夫? 夫が絶対言ってはいけないNGワード のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、子育て家事代行サービス料理の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事