NEW

華原朋美の「不倫」報道、熱愛というより昭和な愛人稼業にしか見えないのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

華原朋美の「不倫」報道、熱愛というより昭和な愛人稼業にしか見えないのはなぜ?の画像1
華原朋美Instagramより

 発売中の「フライデー」(講談社)が、歌手の華原朋美(43)について“不倫愛”と報じている。同誌によれば、不動産会社を統括する持株会社で、東証一部上場の大企業である飯田グループホールディングス(飯田GHD)の会長・森和彦氏(73)が、華原朋美と恋愛関係にあり、華原の自宅マンションをたびたび訪れているという。森会長は既婚者であるため、これを“不倫愛”と表現されている。歌姫とセレブの30歳差の熱愛……とは、到底見えないのだが。

 華原朋美は、飯田グループの住宅物件検索サイト「すまいーだ」のCMソングを歌っている。同誌では<森氏のように、1部上場企業の代表が自らの立場を利用し愛人に便宜を図っていたとしたら、公私混同のそしりを免れない>としているが、こうした“パパと愛人”の関係は芸能界や水商売界隈ではよくあることとイメージされているだろう。愛人への手当て用に子会社を作るといった話は枚挙に暇が無い。

華原朋美の「不倫」報道、熱愛というより昭和な愛人稼業にしか見えないのはなぜ?のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事