NEW

安倍昭恵がどれだけスピリチュアル問題で批判を受けてもメゲない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

安倍昭恵がどれだけスピリチュアル問題で批判を受けてもメゲない理由の画像1
安倍昭恵『「私」を生きる』(海竜社)

 安倍晋三首相(63)の妻である安倍昭恵氏(56)はしばしば“暴走”していると伝えられるが、その大きな要因となっているのが、精神世界を重要視する団体との親密ぶりだろう。つまりスピリチュアル・ファーストレディーということだ。7月5日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、安倍昭恵氏が発起人のひとりとなって開催された「世界こどもサミット」に、新興宗教が深く関わっていると伝えているが、もはや誰も驚かないほどに「やっぱりね」な案件である。

 今年の5月5日・こどもの日に、東京都の有楽町よみうりホールで開催された「第二回世界こどもサミット」と題したイベント。内容は15人の子供たちによるスピーチと、ディスカッションで、800人が来場したという。またイベントの模様は全国と海外20箇所の会場でライブ中継されたそうだ。次回は12月16日に開催を予定している。

安倍昭恵がどれだけスピリチュアル問題で批判を受けてもメゲない理由のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事