NEW
「相馬勝の国際情勢インテリジェンス」

河野太郎外相、多忙の合間縫い土日に香港訪問の「目的」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
河野太郎外相の公式サイトより

「(中国共産党の)一党独裁を終わらせろ」「林鄭月娥(キャリー・ラム)香港行政長官は即刻、辞任しろ」――。香港では7月1日、中国への返還21周年に合わせて、主催者発表で5万人が参加しての民主化要求デモが行われた。筆者も香港に飛び、返還21周年を迎えた香港を取材した。

 この日は特別行政区政府主催の記念式典が行われ、ラム行政長官(60)をはじめ、董建華氏ら初代から3代までの長官経験者や政府高官、経済界代表らが顔をそろえた。式典ではまず、香港島の金紫荊広場(ゴールデン・バウヒニア・スクエア)に中国の国旗と香港の旗が掲揚され、ラム長官らがあいさつ。昨年の返還20周年の節目となる式典には、中国の最高指導者である習近平国家主席が駆けつけたが、今年は中国政府要人の姿はなく、こぢんまりとした式典となった。

 これは民主化デモも同じで、デモ開始の1時間後には亜熱帯の香港特有のゲリラ豪雨がデモ隊に襲いかかったこともあり、デモ参加者は昨年の6万人を1万人も下回る5万人と低調だった。警察発表では9800人と1万人を割り込んだ。
 
 現地の外交筋は「香港の民主派の影響力は毎年、弱まる傾向がはっきりとしてきた。これは中国の強権姿勢を受けて、ラム長官ら香港指導部が民主派に厳しい姿勢で臨んでいることがある」と指摘する。

 習氏は昨年の香港における重要演説で、「香港の独立は絶対に許さない」「香港の1国家2制度(一つの国に社会主義と資本主義の共存)の前提として、(香港は中国の領土の一部であるという)1つの国家が重要であり、それは2制度よりも優先される」と強調。香港の民主派や独立派を強く牽制し、場合によっては武力の行使も辞さないとの態度を明らかにした。

 これを受けて、ラム氏ら香港当局は14年の「雨傘運動」といわれる大規模民主化デモを主導した学生団体の元幹部を告発し、裁判所も実刑判決を下しており、民主派や独立派への政治的な弾圧が現実のものとなっている。このため、雨傘運動の主体となっていた若者を中心に、政治離れが急速に加速している。

 ある香港市民は「雨傘運動のときには、学生や社会人の若者は我も我もと運動に参加し、警察の排除行動も体を張って跳ね返していたが、いまや民主化活動に参加するのは、一部の指導者だけとなっている」と明かした。

 これはラム氏の政策が奏功したかたちであり、いわゆる民主派勢力の多くは仕事に専念するか、カナダや英国などの外国籍を有する香港在住の市民の一部は、この1年で香港を離れているという。

 前出の外交筋は、こう指摘する。

「ラム氏は女性ということもあり、これまでの3代の男性長官よりも言動はマイルドで過激な言葉を口にすることもないので、一般市民から支持されている。また、40年もの行政官として経験から、法律や行政機構などの民主派を攻撃するツボも心得ており、習氏ら中国指導部も、ラム氏の1年間の香港統治に及第点を付けているのではないか」

北朝鮮制裁めぐり要請か


 中国本土との関係が良好に進展していることで、ラム氏は諸外国との外交関係に配慮する余裕が生まれているようだ。

河野太郎外相、多忙の合間縫い土日に香港訪問の「目的」のページです。ビジネスジャーナルは、連載、中国河野太郎外相香港の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事