NEW
小谷寿美子「薬に殺されないために」

毛染め、繰り返し使用で健康被害・死亡例の報告も…腎不全、中枢神経に変化、脾臓肥大

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 ドラッグストアの店頭では、たくさんの毛染めが販売されています。クリームタイプ、液状タイプ、櫛になっているもの、スプレー式など、みなさんの嗜好に合わせて多くの商品が販売されています。

 一口に毛染めといっても、大きく2つに分かれています。それが「ヘアカラー」と「ヘアマニキュア」です。ヘアカラーは髪の内部まで染料が留まり、シャンプーをしても数カ月は色が落ちないという特徴があります。一方、ヘアマニキュアは髪の表面に染料をコーティングするもので、1カ月程度で色落ちしやすいという性質があります。

 また、医薬品医療機器等法による区分では、ヘアカラーが医薬部外品、ヘアマニキュアは化粧品です。この違いは何にあるかというと、医薬部外品には指定された成分が入っているということにあります。それがヘアカラーの中心的成分である染料なのです。この染料の代表的成分がパラフェニレンジアミンです。これ以外にも似た構造の物質が染料に使われます。たとえば、パラアミノフェノール、トルエン-2,5-ジアミンです。この染料は単独では色がないのですが、過酸化水素と混ぜると色が出ます。この反応が髪の内部で起きると、色落ちしない染料として出来上がるのです。これらに替わる染料は現在ありません。今回は代表成分であるパラフェニレンジアミンについてさらに解説をします。

パラフェニレンジアミンは接触性皮膚炎の被害がある


 消費者庁データバンクには毎年200件程度の毛染めによる皮膚障害が報告されています。なお、2014年では219例がありました。

 接触性皮膚炎とは原因物質が皮膚と触れた場所に起こる皮膚症状のことをいいます。わかりやすくいうと、かぶれです。単なるかぶれですめばよいのですが、水疱ができたり、大きく皮膚がえぐれたりすることがあります。薬で有名なのは「モーラステープ」に代表されるケトプロフェン貼付剤です。貼っている場所が真っ赤に腫れあがります。

 接触性皮膚炎には大きく2種類あり、ひとつが物質が直接皮膚を刺激するもので、もうひとつがアレルゲンになってアレルギー反応を起こし、その結果皮膚を破壊するというものです。ヘアカラーの接触性皮膚炎にはこの両方が関係しているのですが、パラフェニレンジアミンはアレルゲンとして働きます。ヘアカラーには過酸化水素などほかの成分も配合されているので、それが直接皮膚を刺激します。過酸化水素を薄めた水がオキシドールで、細菌を破壊します。濃度を高くしていけば、細菌より大きな生物を破壊することが可能です。それ以外にも髪の毛を開き、染料を取り入れやすくする成分としてアンモニアが配合されています。アンモニアはアルカリ性で刺激性が強く、直接皮膚を破壊します。

 一方、パラフェニレンジアミンはアレルゲンとして働きます。はじめはなんともなくても、何度も何度も接触していると、これをアレルゲンと認識するようになります。ここまでは花粉症と同じ考え方です。花粉を浴び続けると、ある時点から発症するというものです。これを医学用語で「感作」といいます。「今までなんともなかったのに、どうして?」という経験をされた方は、感作までに時間がかかっただけなのです。

毛染め、繰り返し使用で健康被害・死亡例の報告も…腎不全、中枢神経に変化、脾臓肥大のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ヘアカラー毛染め発がん性の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事