NEW

フジテレビ『グッド・ドクター』、障がいのある主人公の描き方めぐり物議

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『グッド・ドクター』 - フジテレビ」より
 山崎賢人が主演を務める連続テレビドラマ『グッド・ドクター』(フジテレビ系)の第1話が7月12日に放送され、平均視聴率11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切った。


『グッド・ドクター』は、2013年に韓国で大ヒットしたドラマのリメイク版。17年にはアメリカでも『グッド・ドクター 名医の条件(原題:The Good Doctor)』としてリメイクされ、シリーズ化されるほどの人気ドラマとなっている。そういった経緯もあり、フジテレビとしてはなんとしてもヒットさせたいところだろう。

 山崎演じる新堂湊は、先天性の自閉症スペクトラム障がいがあり、人並み外れた記憶力や空間把握能力を発揮するサヴァン症候群の青年。東都大学医学部を首席で卒業し、東郷記念病院の小児外科にレジデント(後期研修医)として招かれる。新堂を招いたのは病院長の司賀明(柄本明)だが、理事長の東郷美智(中村ゆり)をはじめ、小児外科主任の高山誠司(藤木直人)、小児外科科長の間宮啓介(戸次重幸)らからは拒否反応が起きる。

 1話では、勤務初日の通勤途中で事故に巻き込まれた子どもを適切な処置で救った新堂だったが、病院内では「自閉症」というだけで厄介者扱いを受ける様子が描かれていた。それは患者の親も同様で、噂を聞いた親たちが「だからか、ほかの先生とちょっと違うって。(新堂先生が診察に加わるようだけど)大丈夫~?」とヒソヒソ話をする場面もあった。

 一方で新堂は、指導医の瀬戸夏美(上野樹里)と一緒に診ていた患者の柏木将輝くん(嶺岸煌桜)が苦しみ出したときは、その様子からすぐにイレウス(腸閉塞)を引き起こしていることを見抜く。しかし、「新堂が言っていること」と誰も聞く耳を持ってくれず、病状は悪化するばかり。見かねた看護師の橋口太郎(浜野謙太)が手伝いオペ室に緊急搬送し、隣室でオペを行っていた高山が同時に2つのオペをすることになる。

 手術は成功し、新堂は将輝くんの母親にそれまでの言動を謝罪される。また、瀬戸も新堂が高い観察力と優しい心を持っていることに気づき、なごやかな空気でエンディングを迎えた。

 しかし、このドラマのテーマは「小児医療」ではなく「障がい者」だろう。特に感じたのは、「障がい者の人権」についてだ。今回は新堂の判断で緊急オペを敢行して将輝くんを救うことができたが、ほかの医師たちが高山の指示でバタバタとするなか、新堂が「僕にも指示ください!」と言うと、高山は「お前は出ていけ!」と吐き捨てる。

 さらに、高山は「お前は医者失格だ」「自閉症の人間に医師は無理です」とも言っており、「障がいがある」というだけで人間性を否定しすぎな印象だ。ほかにも、新堂を突き飛ばすなどのパワハラ的な振る舞いも見せていた。

 インターネット上の視聴者も「見ていて悲しすぎる」という感想を抱いた人が多いようだ。

「ドラマとはいえ、障がいがあるキャラクターに対する扱いがひどすぎる。もう少し考えてほしい」

「切ない……これから打ち解けるための伏線なんだろうけど、仮にも小児科医なら自閉症の人に対して理解のある対応をすべき」

フジテレビ『グッド・ドクター』、障がいのある主人公の描き方めぐり物議のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、グッド・ドクタードラマフジテレビ山崎賢人の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事