NEW

まるでニシン漁!?  武豊騎手が独占する歴史に名を残す大記録の数々にボー然

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
160125_takexs.jpg

 JRA騎手・武豊。言わずと知れた日本を代表する超一流の騎手である。ディープインパクトやオグリキャップといった名馬に騎乗して数々のビッグレースを勝利。実力、人気、実績すべてで不動の存在といえるだろう。

 2016年1月24日、中山競馬場で行われた第57回アメリカジョッキークラブカップに騎乗した武豊騎手は、約3年ぶりのコンビとなるディサイファに騎乗しデビューから30年連続となる重賞勝利を達成。

 武豊騎手がデビューしたのは1987年。その年の10月に重賞初勝利を成し遂げデビュー一年目で重賞3勝。翌年には菊花賞を優勝してG1ジョッキーの仲間入り。そして積み上げた重賞勝利数はなんと403というから恐れ入る。しかもこれは日本馬のみの成績であり外国馬に騎乗して勝利した海外の重賞を加えると415勝にも達する。

 通算400勝もできない騎手が多くいる中、重賞だけで400勝以上とはまさに天才。現在日本競馬を席巻している外人騎手のM.デムーロは37歳で国内重賞45勝、C.ルメールは36歳で国内重賞31勝。さらに日本人のトップジョッキーである戸崎圭太騎手は35歳で国内重賞38勝、岩田康成騎手は41歳で国内重賞141勝ということを考えると、これは今後破られないであろうとてつもない大記録といえる。

 加えてその403勝のうちG1クラスの優勝は106勝となっており、これも破格の成績。中でもすべての騎手の目標である東京優駿(日本ダービー)は史上最多の5勝を記録している。

 また武豊騎手は海外遠征にも積極的であり、過去にはアメリカやフランスに長期滞在したこともある。アメリカ、フランス、イギリス、ドバイ、香港で通算重賞21勝という成績も凄い。シーキングザパールのモーリスドギース賞(G1)、ステイゴールドのドバイシーマクラシック(G2)、アドマイヤムーンのドバイデューティーフリー(G1)、そして記憶に新しい昨年12月13日のエイシンヒカリによる香港カップ(G1)優勝...。この記録もおそらく破られることはないだろう。


 デビューから30年、国内外で2万回以上騎乗して通算3797勝(記録・データが少ない海外で50勝以上しているため実際はもっと多い)。通算勝利数は川崎競馬の佐々木竹見騎手が7151勝のため印象は弱いが、獲得賞金は海外や地方を合わせて約780億円でダントツの1位。この賞金額は国際的に見ても破格で、おそらく世界一ではないかと推測されている。

 また騎手としてだけでなく芸能活動も活発でバラエティやドラマに多く出演、騎手としては異例なほど多くテレビCMにも出演している。そのCMは三菱自動車のOUTLANDER、サントリーのザ・プレミアム・モルツ、フィールズのCRエヴァンゲリオン 、NTTドコモ、トヨタ自動車のカローラ、日産自動車、サッポロ黒ラベル、ムラテック(村田機械)、世界リゾート博、そしてJRAなど多数、これもおそらく他の騎手の追随を許さないところだろう。

 まさに生ける伝説として数々の記録を更新し続ける武豊騎手。2016年もさらなる飛躍を期待したいところだ。

武豊騎手の歴史に残るであろう主な記録[2016/1/24時点]
・30年連続重賞勝利
・重賞415勝
・G1レース106勝
・獲得賞金約780億円
・騎手としてのテレビCM出演数