NEW

「G1昇格」もこれで確実!? ラブリーデイら「最強の古馬陣」集結で騒然の大阪杯(G2)!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oosakahai0328.jpg
第30回ジャパンC(G1) ラブリーデイ、ショウナンパンドラなど(競馬と景色の写真集より)

 来年には「G1昇格」の可能性も報じられ、豪華メンバーから早くも「プレG1」などと言われ始めている今年の大阪杯(G2)

 香港のシャティン競馬場で行われるクイーンエリザベス2世C(G1)や、春のグランプリ宝塚記念(G1)への前哨戦として、今年は「この春、最強の古馬陣が集結した」と述べても過言ではない様相を呈している。

 その中心にいるのは、ラブリーデイ。昨年は宝塚記念、天皇賞・秋(G1)を含めた重賞6勝の大活躍で見事、最優秀4歳上牡馬に輝いた。有馬記念(G1)5着からの休養明けとなるが、適距離の2000mに戻った以上、ここでは負けられない存在だ。

 レースには新コンビのM・デムーロ騎手と参戦する。ただ、すでに招待を受けている香港のクイーンエリザベス2世Cでは、地元のリーディングジョッキーで、先日のドバイシーマクラシック(G1)でもラストインパクトを3着に導いたJ・モレイラ騎手の騎乗が想定されている。

 昨年の香港C(G1)でエイシンヒカリの2着となったオークス馬ヌーヴォレコルトも、大阪杯からクイーンエリザベス2世Cに出走予定。ここはメンバーが揃った感が否めないが、それでも54㎏での出走は魅力。そして何より、先月から岩田康誠騎手がこの馬の調教を付けるために関東へ期間限定で移籍するなど、思い入れは相当強いようだ。

 ただ、この大阪杯こそ岩田騎手とのコンビで参戦するが、クイーンエリザベス2世Cの鞍上は流動的とのこと。いずれにせよ、昨年の香港Cでも存在感を示しているだけに不気味な一頭だ。

 また、当初大阪杯の出走が予定されていたサトノクラウンは、クイーンエリザベス2世Cへの出走が決まったため、香港へ直行する運びとなっている。

 昨年のジャパンC(G1)を制した女傑ショウナンパンドラも大阪杯から始動する。ジャパンCを勝った後は、有馬記念をパスしてじっくりと立て直しを図っただけに状態は良いとのこと。主戦の池添謙一騎手も「休み明けとしては動ける態勢にある」と感触は上々だ。 

 なお、今後はヴィクトリアマイル(G1)から昨年3着だった宝塚記念への参戦が予定されている。本番は先だが、ここでどういった走りを見せるのか注目だ。

 今年絶好調の4歳勢からは、まず菊花賞(G1)馬のキタサンブラックに注目したい。菊花賞制覇の勢いで挑んだ昨年の有馬記念では惜しい3着。初めての古馬一線級との戦いで力は示せた。菊花賞を勝っているが、この馬本来の持ち味は器用さ。中山の重賞を2勝しているように、似た傾向のある阪神内回りコースは得なはずだ、

 今年は新たな鞍上に武豊騎手を迎え、ここから春の天皇賞、宝塚記念と古馬王道を歩む。有馬記念で先着を許したゴールドアクターとサウンズオブアースが、先週の日経賞(G2)で力を示しているだけに、ここで無様な競馬はできない。