NEW

「お前には無理」非情決断でドバイに行けない福永祐一騎手、ヤケクソで「コネ永」本領発揮か!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
fukunagayuuichi0223.jpg
福永祐一騎手(wikipedia)

 先月26日、昨年の2冠馬ドゥラメンテと共に皐月賞、菊花賞の2着馬リアルスティール(牡4歳 栗東・矢作厩舎)のドバイ遠征が決まった。

 世代屈指の高い資質を評価されながら昨年2月の共同通信杯(G3)以来、勝ち星に恵まれていないリアルスティール。復帰戦となった中山記念(G2)でも同期のドゥラメンテに完敗を喫するなど、今や完全に「脇役」のレッテルが貼られているだけに、ドバイ遠征発表当初は周囲のトーンも上がらなかった。

 ところが、参戦するドバイターフ(26日、メイダン芝1800メートル)で、イギリスの名手ライアン・ムーア騎手とのコンビが決まると一転、リアルスティールのファンは大盛り上がり。

 特に某掲示板では「俄然、チャンスが出てきたな」「真の力が解放される時がきた」「世界を驚かせに行くのはドゥラではなく、リアルスティール」など、本馬のG1初制覇が海外で成し遂げられる機運が高まっているようだ。

 それもそのはず、ムーア騎手といえば世界でも屈指の名手。スノーフェアリーによるエリザベス女王杯(G1)連覇やジェンティルドンナのジャパンC(G1)勝利など、その卓越した技術は日本の競馬ファンの間でもお馴染みだ。昨年はモーリスとのコンビでマイルCS(G1)を勝つと、その勢いで香港マイル(G1)も制覇。モーリスを年度代表馬へと導いている。

 そんな世界的名手とのコンビとなれば、リアルスティールの世界制覇へ期待が高まるのは、むしろ当然といったところか。

 しかし、その一方で気の毒なのが、今までコンビを組んできた福永祐一騎手である。

「(福永)祐一には申し訳ないが、今回は世界と戦う特別な舞台なのでムーアにも乗ってもらう」

 リアルスティールを管理する矢作調教師の「お前には無理」とも取れるあまりに厳しい言葉で、急きょコンビ解消となった福永騎手。昨年10月の落馬事故から復帰して間もないことも考慮されてのことだろうが、リアルスティールはデビューからずっと主戦を務めてきた馬だけに思い入れも深い。

 それにリアルスティールが挑むドバイターフは、福永騎手が2014年に前身となるドバイデューティーフリーをジャスタウェイでレコード勝ちした舞台。日本人騎手が海外で不安視されがちな"経験"という面で不安はなさそうなものだが......。