NEW

【イチャモンGO】やくみつるがポケモンGO批判で大炎上! 「時代遅れの苦しまぎれ」論調の真意

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sumaho.jpg

 25日放送の情報番組『ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、評論家のやくみつる氏が人気沸騰中の「ポケモンGO」を徹底的に批判したことが話題となっている。

 同氏は「ポケモンGO」に関して「こんなの愚かでしかない」「こんなのに打ち興じている人を心の底から侮蔑する」「親はもっと楽しいことを子どもに提供する義務がある」と強い言葉を同番組内で連発。スタジオの空気が微妙なものとなったのが画面越しでも伝わってきた。

 当然、ネットでは賛否両論。一部では「正論だな」という意見もあるが、大半が「一過性のブームにムキになりすぎ」「時代について行けてない哀れ」「これぞ老害」と、同氏に対する批判の嵐だ。中には「やくみつるの漫画を読むやつのほうが侮辱すべき」という元も子もない論調まで。

 スマートフォンなどもそうだったが、「乗り遅れた」人は結局イチャモンをつけて批判することしかできないことをやく氏は如実に表していると言える。では同氏の本業の漫画は「現実」なのか、小説は、舞台やドラマは? そもそもエンターテインメントの多くが虚構に身を投じる部分があるのを否定はできない中、「ポケモンGO」だけを槍玉に上げるのはやはり不自然だ。

【イチャモンGO】やくみつるがポケモンGO批判で大炎上! 「時代遅れの苦しまぎれ」論調の真意のページです。ギャンブルジャーナルは、エンタメ、やくみつるゲームポケモンGOの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!