NEW

小林よしのり氏「ポケモンGOの死者はまだか」の大問題発言! 信じがたい暴言に呆然

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toukyougorrinxs.jpg

 漫画家の小林よしのり氏が、自身のブログで「ポケモンGOの死者はまだか?」のタイトルで文章を投稿。妻がスマホでポケモンを捕獲したことに不快感を覚え、ポケモンGOの危険性を説いた上で「何人か死んだら流行が終わるのかもしれないが、それならいっそのこと富士の樹海に10万匹くらいばらまいてほしい」と発言。とんでもない暴言としてネットで話題になっている。

 ポケモンGOの賛否に関しては多くの意見が出されており、同じく漫画家のやくみつる氏も「(ポケモンGOに興じる人を)心の底から侮辱します」とコメントし、物議を醸している。

 無論、歩きスマホをしながらのプレイに危険性がないとは言えず、実際に事故も起こっている。革新的なゲームには違いないが、相応のリスクが宿っている点は否定しない。マナーの問題も含め、反対派が出るのも仕方のないことだろう。

 しかし、「死者はまだか」という小林氏の発言は、ポケモンGO云々以前の問題である。そもそも「人の死を望む」ことを公言するような感覚が受け入れられるはずがない。

「富士の樹海にばらまけ」という発言も、とにかく感情的で過激だ。忌み嫌うのは個人の自由だが、一ゲームに対してあまりにも過剰反応しすぎな印象である。

小林よしのり氏「ポケモンGOの死者はまだか」の大問題発言! 信じがたい暴言に呆然のページです。GJは、エンタメ、やくみつるポケモンGO小林よしのりの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!