NEW

【重賞展望・新潟記念(G3)】サマー2000シリーズ最終決戦に「夏の王者」を狙う好メンバーが集結!栄冠を手にするのは一体どの馬か!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レースの主導権を握りそうなマイネルミラノ(牡6歳、美浦・相沢厩舎)の充実ぶりにも光るものがある。

 ここしばらく調子を落としていたが、6月のエプソムC(G3)で3着と好走した辺りから、この馬本来の粘りが戻ってきた。前走の函館記念(G3)でも迷わずハナを奪って主導権を握ると、1000mを60秒ジャストというミドルペースに持ち込む。もともと溜めて逃げるよりも、ある程度のペースで後続にも脚を使わせる逃げの方が良いタイプで、函館記念はまさにそれがハマった格好だった。

 すでに新潟入りしているマイネルミラノだが、調子はすこぶる良いようだ。「涼しいところで調整できるし、輸送も少ない方がいい。夏バテもなく、去年よりいい」と陣営は2着だった昨年以上の状態であることを強調。「(サマー王者を狙えるのは)めったにないチャンス。万全の態勢で送り出す」と力を込めていた。

 上がり馬としては、やはり2連勝中のアデイインザライフ(牡5歳、美浦・萩原厩舎)が怖い存在になりそうだ。

 3歳春から弥生賞(G2)で3着に入るなど高い素質を誇っていたアデイインザライフだが、怪我などもあってようやくオープンの舞台に帰ってきた。すでに今年で5歳を迎えるが、まだキャリア12戦と馬は若い。それも大敗した皐月賞(G1)以外は、一度の4着を除いてすべて馬券圏内という堅実派だ。

 今回は3月に常総S(1600万下)を勝って以来のレースとなるが、陣営は「追い切りの動きはまずまず。いい意味での平行線だし、馬体重も前走と同じくらい」と状態に及第点を与えている。大崩れしないのは高い能力があってこそ、連勝の勢いを買って堂々と重賞制覇に挑む。

 他にも11番人気で小倉記念(G3)を制したクランモンタナを筆頭に、昨年の3着馬ファントムライトや前走この舞台を逃げ切り、展開のカギを握りそうなエーシンマックスなど、この夏を締めくくるレースとして伏兵陣にも好メンバーが揃った。

 サマー2000シリーズ王者は誰の手に? 注目のシリーズ最終戦・新潟記念(G3)は、4日(日)の15時45分に発走予定だ。