NEW

「パチンコ規制を切る」 ユーザーと「お上」の相互メリットを、アキバのまこさんが考える

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
zAakYNuM.jpg

 パチンコ業界を絞めつける規制を切る。

 古来より、この国では賭け事に対しての見識は厳しい。しかしながら人の世に煩悩がある限り賭け事は消滅しないと筆者は考える。筆者も、4号機時代からパチスロに手を染め、着実に負けてきた。それによって失ったものは時間、金、人間関係、共に計り知れない大きさになっているだろう。

 事実としてそのような事があるにも関わらず、パチンコもパチスロも辞めようと思わないのは、今現在まだ自分が「破産」をしていないからである。そうならないために遊技機の知識、目押しの技術、立ち回り等、可能な限りの努力をしているが、実際そんな事は全く関係の無い話で、一番大切なのは「さじ加減」であると考えている。

 警察庁では6月に開催された日遊協通常総会において「射幸性の抑制に向けた取組」「のめり込み問題を抱えている方への対策」等が語られたそうだ。

「依然として、のめり込みに起因すると思われる各種問題や、賞品買取事犯、遊技機の不正改造事犯、違法な広告宣伝・賞品提供等が後を絶たないなど、パチンコ遊技の健全化を阻害する要因が残されていることも事実です」(遊戯通信)と語られている。

のめりこみ、ぱちんこ遊戯の健全化を唱えるお上に違和感

 ぱちんこ遊戯の健全化を理想として少しづつ規制を強めてきているが、そもそもぱちんこ遊戯など健全ではないのだ。ユーザーとしてはパチンコ業界に対し無限に続く規制ラッシュに常々戦意を打ち砕かれてきた。