NEW

競馬界のカリスマ武豊は如何にして全国区の騎手となったのか。若かりし天才をG1初制覇に導いたのは、あの「カリスマ総帥」の信念だった

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 出馬投票の締め切り前夜のことだった。最後まで希望を捨てたくないスーパークリーク陣営の元に、信じられない"朗報"が舞い込む。なんと、出走を確定させていたマイネルフリッセ陣営が回避を表明したのだ。スーパークリークの菊花賞制覇への道が大きく開けた瞬間だった。

 マイネルフリッセの菊花賞回避を決断したのは、あの「マイネル軍団の総帥」として高名な岡田繁幸氏だった。その圧倒的な馬を見る力"相馬眼"で知られる岡田繁幸氏は、スーパークリークの配合を考案した人物であり、幼少の頃からスーパークリークの秘められた素質を最も評価するひとりでもあった。

 愛馬を回避させることで、スーパークリークの出走を大きく促した岡田繁幸氏。しかし、いくらマイネル軍団の総帥という立場がありながらも、そう簡単に実行できることではない。マイネルフリッセにとってもG1制覇の可能性があったことはもちろん、中村均調教師を始めとした陣営にとっては、まさに寝耳に水である。

 それも「マイネル」や「コスモ」の冠号で有名なサラブレッドクラブ・ラフィアンは、あくまで会員制馬主クラブ。言い換えればマイネルフリッセの本来の馬主は、当馬に出資した会員であるということだ。

 それでも最終的にマイネルフリッセの菊花賞回避が実現したのは、中村均調教師がスーパークリークだけでなく、その鞍上の武豊を高く評価していたからだ。若かりし武豊に重賞初制覇をプレゼントしたのも、武豊自身が「制覇は悲願」とさえ語った日本ダービー出走を初めて経験させてくれたのも中村均調教師だった。

 そして、岡田繁幸氏も「(G1には)強い馬が出るべき」と揺るぎない信念の下に、クラブの会報を通じマイネルフリッセの出資者らを説得。総帥自らが頭を下げることで、事態を収拾しマイネルフリッセの回避を実行。そして、そのあまりにも潔い決断がスーパークリークの菊花賞制覇、武豊のG1初制覇という偉業を実現させた。

 史上最年少でのG1初制覇を成し遂げた若かりし天才・武豊が、競馬界の中心へと大きく踏み出した裏には、岡田繁幸氏を始めとしたホースマンの"神対応"があったからこそ......。

 ちなみに武豊がその恩義に応え、マイネル軍団の馬でG1を制覇するのは10年以上先の未来の話である。

競馬界のカリスマ武豊は如何にして全国区の騎手となったのか。若かりし天才をG1初制覇に導いたのは、あの「カリスマ総帥」の信念だったのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、G1スーパークリーク武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!