NEW

30代オーバー向け!パチスロ5号機時代を支えた名機をアキバのまこさんが考える

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
makosan.jpg

 パチスロが5号機と呼ばれて久しい。

 そういった印象を受ける人はきっと20代後半以上の方が多いと思う。

 そして久しいと口に出せるのは4号機を知っているからこそであり、2005年に登場した5号機の1作目にあたる「パチスロ新世紀エヴァンゲリオン」を知っている事に他ならない。


 巷では現在の新基準機と言われる5.5号機、来年には登場が予想される5.9号機と、めまぐるしく移り変わるパチスロ業界に少し疲れた私は、ギャンブルジャーナル編集部の寛大な計らいで少し過去を懐かしむ記事を書かせていただこうと思う。

 思えば4号機時代、事実上最後の4号機となった「俺の空」が撤去され、私が通っていたホールも一斉に台を撤去し、空いた隙間を埋めるかのようにベニヤ板を貼り、店内の景観だけはどうにか保っていた。

 これが俗に言う「ベニヤ営業」である。

 そんな中「北斗の拳SE」の後継機として登場した「北斗の拳2 天覇の章」がユーザー達の心を完全に打ち砕き、沢山の人に「パチスロの引退」を決意させた。

だが北斗の拳2の残した功績はこれだけではなく、北斗シリーズを冠した新作に過度な期待をしたホールが北斗SEのノリで大量導入したが、客付きもからっきしで朝から晩まで同じデモ画面がひと島全部リンクして流れ続けるという自体に至ってしまった。これが致命傷となって閉店に追い込まれたホールも多々あっただろう。

hokutonoken.jpg
Sammy777タウンより

 しかしながら北斗シリーズを冠した「北斗の拳2」の販売台数は11万台を超えているという皮肉な側面もあり、販売台数で見れば大ヒットである。(押忍!番長2が約13万台)