NEW

エアスピネル、2017年春は「マイル王」を狙う! 武豊騎手との「兼ね合い」あるも、空位の玉座に座る素質は十分?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
easupineru.jpg

 今年の3歳クラシックで皐月賞4着、日本ダービー4着、菊花賞3着と強豪の一角として存在感を示したエアスピネル(牡3 栗東・笹田厩舎)の、2017年のローテーションが明確になった。

 エアスピネルは年明けの京都金杯(G3)を皮切りに「上半期はマイルにこだわって頂点を狙いたい」と笹田師が語る通り、春の大目標は6月の安田記念(G1)となりそうだ。

 ローテーションで考えれば京都金杯からマイラーズC(G2)、そして安田記念挑戦というのが青写真となるだろうか。いずれにせよ「マイルから中距離向き」と以前から言われていた同馬だけに、マイル挑戦には納得だ。

「主戦である武豊騎手との兼ね合いもあるでしょう。適性を考えれば来年からG1に昇格する大阪杯に出走する可能性もありましたが、そこにはキタサンブラックが出走するパターンもあり得る。主戦の武騎手が『バッティング』しない措置と見ることもできますね。秋はキタサンブラックの凱旋門賞挑戦も取りざたされていますので、エアスピネルは天皇賞を狙う可能性もあるでしょう。もちろん、十分にマイル王になる素質はあると思いますが」(競馬記者)

 現在、マイル界は絶対王者モーリスが「卒業」し、混迷を極めている状態。モーリスは香港遠征を最後に引退するため、マイルの王座は空位だ。先日のマイルCSではミッキーアイルが勝利したが、絶対的な強さかといえばその印象はない。

 マイルCSの上位勢も、イスラボニータは今がピークかそれを過ぎた感があり、ネオリアリズムは中距離が本来の主戦場、サトノアラジンは1400mでこそ結果を残す印象も強い。マイルでこそ輝く存在が少ない状況だ。

エアスピネル、2017年春は「マイル王」を狙う! 武豊騎手との「兼ね合い」あるも、空位の玉座に座る素質は十分?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、エアスピネル安田記念武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!