NEW

武豊は圏外... 2016年競馬ランキング~騎手・調教師・馬主・生産者・種牡馬・競走馬編~

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
takeyutakajcda-to.jpg

 2016年のJRAも開催全日程が終了、それに伴い各記録も確定した。競馬は数字を競う競技でもあるため、成績によって騎手も調教師も馬もその価値が変わるのだ。今回は2016年のJRAにおける各記録を見てみよう。


騎手(騎乗100回以上)

・勝利数トップ5

1位戸崎圭太 187勝
2位ルメール 186勝
3位川田将雅 135勝
4位デムーロ 132勝
5位福永祐一 106勝

・獲得賞金トップ5

1位ルメール \4,040,748,000
2位戸崎圭太 \3,380,395,000
3位デムーロ \3,160,990,000
4位川田将雅 \2,933,389,000
5位福永祐一 \2,571,351,000

・勝率トップ5

1位ルメール 23.7%
2位戸崎圭太 19.3%
3位川田将雅 18.9%
4位デムーロ 17.8%
5位福永祐一 15.1%

・連対率トップ5

1位ルメール 37.5%
2位戸崎圭太 33.1%
3位川田将雅 31.5%
4位デムーロ 30.5%
5位福永祐一 29.4%


~短評~

 騎乗馬の質が高いのも事実だが、すべての項目で騎手が同じというのはある意味凄い。キタサンブラックで活躍した武豊騎手はどの項目でもトップ5に入れず残念な結果に。ちなみに100勝以上はこの5名のみでトップと中堅の差は歴然となっている。ちなみに騎手は獲得賞金の5%が報酬なので、ルメールはレースの賞金だけで2億円を稼いでいる計算になる。