NEW

エアスピネルが「最高3歳馬」!? 編集部独断の「GJ賞」各賞を大発表!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年の中央競馬も終了。年明けには年度代表馬を中心に「JRA賞」各賞も発表されることとなります。

 そこで、「JRA賞」とはまた別に、本サイト「ギャンブルジャーナル」編集部の独断と偏見に基づいた「GJ賞」各賞を一足お先に発表させていただきます! JRAさんとは異なる結果となっておりますので、是非ともご覧ください。

 内訳は以下の通りでございます。

「GJ賞」各賞紹介

・年度最高馬
・最高3歳牡馬賞
・最高3歳牝馬賞
・最高4歳以上牡馬賞
・最高4歳以上牝馬賞
・最高マイラー賞
・最高スプリンター賞
・最高ダートホース賞
・最高2歳馬賞
・GJ特別賞

●選考基準
 年間を通した活躍、実績はもちろんのこと、本サイト内での登場回数、読者の皆様の閲覧数なども基準とし「競馬界、ならびにギャンブルジャーナルに多大な貢献をしてくださった馬」という評価基準を設けました。

 なお、受賞陣営(厩舎)には、年明けにギャンブルジャーナル特製の「ノート10冊」を(勝手に)プレゼントさせていただきます! そこ、いらないとか言わない。

gjno-te.jpg
gjno-te01.jpg

 では、各賞発表です。

最高3歳牡馬賞 エアスピネル(栗東・笹田厩舎)

easupineru.jpg
エアスピネル(競馬つらつらより)

 皐月賞4着、日本ダービー4着、菊花賞3着と、常に安定したレースを展開しながらも、どうしても同世代の壁に屈してしまう3歳を代表する善戦マン。本来なら菊花賞、有馬記念を制したサトノダイヤモンドとなるところでしょうが、GJ選考では異なります。

 本サイトで紹介したエアスピネルの記事は、本当に多くの読者の方々に読んでいただき、設立間もない本サイトにとって本当にありがたいことでした。その感謝の意味もございます。

 何より、常に好位につけてベストパフォーマンスを見せてくれるエアスピネルの健気さ、武豊騎手とのコンビで距離の壁にも果敢に挑戦するその姿に、多くのファンが胸打たれたことでしょう。よって、「最高3歳牡馬賞」に値するという結論に至りました。来年は春からマイル路線に進むとのこと。がんばってほしいです。