NEW

パチンコ消滅の危機!? 旧MAX機の撤去に胸騒ぎを感じた2017年の初打ちを振り返る

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
zetubou.jpg

 競馬では「1年の計は金杯にあり」といわれるが、それはパチンコパチスロも一緒だ。初打ちで「勝つか負けるか」「どのような立ち回りをしたか」は、その1年に影響を与える「非常に重要なもの」と私は捉えている。

 そんな重要な「初打ち」は、例外なく正月休みに実行される。私の仲間うちでは常識化された「儀式」のようなものだ。だからこそ2017年も、当然のように実行された訳だが......。

 今年の実戦を終えた感想は、勝ち負けに関するものではない。パチンコ店の"急激な変化"に対するものである。

 昨年の12月でパチンコ旧MAX機が完全に撤去された状態。その影響が少なからずあることは予想していたが「パチンコの存続にまで関係するものではない」と私は考えていた。

 しかし、実際に旧MAX機が撤去されたホールへ行ってみて「旧MAX機の完全撤去が与える影響は想像以上に大きいのかもしれない」と思わざるを得なかったのである。

 最初に感じたのは「稼働状況」に対する不安。この日、私たちは昼過ぎに向かったにも関わらず「まったく台を選べない」という最悪の状況を回避できたのだ。

 私たちが向かった店は近隣では有名な大型店。新台導入時や、週末・祝日などは空き台を探すことが難しい人気店だ。特に正月は混み合う印象があり、朝から並んだにも関わらず目当ての台を確保できなかったこともある。

 この日も決してガラガラという訳ではなかった。ただ、正月の昼過ぎという混み合う時刻であるにも関わらず「新台」・「看板機種」には複数の空き台が存在している。

 幸運にも、そのようなラッキーな瞬間に店へ入った可能性もあるだろうが、私の感想は「単純に客が少ないのでは?」というものであった。

パチンコ消滅の危機!? 旧MAX機の撤去に胸騒ぎを感じた2017年の初打ちを振り返るのページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、MAX機パチスロパチンコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!