NEW

星野源、新垣結衣と『紅白』好視聴率獲得にNHKはしてやったり!? 年末音楽番組に舞い降りた「神様」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gakki-.jpg

 昨年大みそかに放送された『NHK紅白歌合戦』。第2部(21:00~23:45)の視聴率が40.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と大台に回復したことが大きな話題となっている。

 その一方で注目されるのが「歌手別視聴率」だ。トップは大トリを飾った嵐の「嵐×紅白スペシャルメドレー」の43.7%。いわば「順当」といったところかもしれないが、2番手もまた「予想通り」という結果だった。

 2位につけたのは42.9%を記録した星野源。歌もダンスも披露した「恋」は、自身が準主役で出演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のエンディング曲で、自身の知名度と人気を一気に押し上げた楽曲でもある。

 ゲスト審査員には同ドラマ主演の新垣結衣も選ばれており、『紅白』放送前から話題となった「恋ダンス」を星野と新垣が踊るのではと注目されていた。

 結果として新垣はカメラが向けられた際に照れ臭そうに数秒ダンスを披露した程度だったが、星野はフルコーラスで歌い切り、高視聴率に貢献した。

「ガッキーが歌うのでは、と注目されていましたので一定の数字は見込めていたでしょうが、天下の『紅白』の舞台でも2番目の視聴率を獲得するというのは、『逃げ恥』ブームがいかに大きなものだったのかを証明しています。年末の音楽番組は、局に限らず星野にだいぶ救われたのではないでしょうか」(記者)

 フジテレビ系の『FNS歌謡祭』や『ミュージックステーション スーパーライブ2016』(テレビ朝日系)にも出演し、大きな反響を得た星野の「恋」。『FNS歌謡祭』ではその披露時に最高視聴率を記録したが、ついにはNHKも飲み込んだ格好である。

星野源、新垣結衣と『紅白』好視聴率獲得にNHKはしてやったり!? 年末音楽番組に舞い降りた「神様」のページです。ギャンブルジャーナルは、エンタメ、新垣結衣星野源紅白の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!