NEW

サトノダイヤモンド「春G1完全制覇」でサトノ軍団が春G1総なめ!? アーサーにアレス、そして海外にも......

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
post_16917_satono.jpg

 昨年の有馬記念(G1)を勝利したサトノダイヤモンド(牡4 栗東・池江厩舎)が、今春のローテーションを国内専念とすることが分かった。

 昨年菊花賞を制したことで現4歳世代の「最強馬」と目され、暮れのグランプリでキタサンブラックを倒した同馬。その実力はすでに国内レベルではなく「海外」を見据えてしかるべきものだけに、この決断は意外といえば意外である。

 現状、サトノダイヤモンドがどのようなローテーションを組むのか具体的なところは決定していない。大阪杯、天皇賞、宝塚記念とビッグレースがあるが、そのすべてに出走するのか、前哨戦をはさむのかもまだ明確ではないのだ。

 しかし、この選択によって、春の「サトノ軍団」が中央の主要G1を「総なめ」する可能性が浮上している。

 仮にサトノダイヤモンドが「大阪杯→天皇賞→宝塚記念」のローテーションを組み、そのすべてに勝利する可能性も、有馬記念で発揮した強さを見る限り完全には否定できない。

 さらに、春のクラシックでも朝日杯FSを制したサトノアレス(牡3 美浦・藤澤厩舎)が皐月賞を目指すことはほぼ確実だろう。マイル適性が高いので、その後はNHKマイルCという方向性も十分に考えられる。

 サトノアレスが仮にマイル路線にこだわり日本ダービーに出走しなくとも、今年の「サトノ軍団」には「第2の矢」がある。デビュー2連勝中のサトノアーサー(牡3 栗東・池江厩舎)だ。

デビュー戦は同着勝利も、2戦目のシクラメン賞では中団待機から直線軽く仕掛けただけであっという間にライバルを置き去りにし、上がり32.7で3馬身半差勝利。あまりにも圧倒的なパフォーマンスにより、現時点の同世代では抜きん出ているという声すらもすでにあるほどだ。昨年サトノダイヤモンドが獲得できなかった日本ダービー勝利も十分予感させる大器である。マイル路線にも強豪サトノアラジン(牡6 栗東・池江厩舎)がスタンバイだ。