NEW

キタサンブラックが年度代表馬も、「モーリスじゃないの?」の声も......「三つ巴」の賞レースを制した決め手

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サトノダイヤモンドは、暮れの大一番である有馬記念でキタサンブラックを倒し、日本競馬の頂点に立った。菊花賞の圧勝もあり、十分に年度代表馬に足る成績とは思えるが、やはり同馬も「勝つべきレース」をとりこぼした印象がある。マカヒキとハナ差の激戦になった日本ダービーに勝利さえしていれば、まったく違う結果になったかもしれない。秋の活躍は目覚ましいものがあったが、春だけを見れば「未勝利」である。無論、古馬相手に勝利した点が評価され「最優秀3歳牡馬」は受賞している。

 キタサンブラックは春の天皇賞とジャパンCを勝利しG1は2勝と、上記2頭と同格の成績。しかし、いわゆる「古馬中長距離王道路線」を天皇賞・秋以外皆勤で走りぬき、そのすべてで馬券に絡んだ。春秋グランプリでは揃ってファン投票1位となるなど、競馬界を牽引するアイドルホースとしての地位を確かなものとした点も評価に値するだろう。馬主である北島三郎や年間を通して騎乗した武豊騎手の存在など、レース以外でも多くの話題を振りまいた。

 最終的には、キタサンブラックという「コンテンツ」が勝負を決した今年のJRA賞だったということか。いずれにせよ、年度代表馬が「三つ巴」というのも、日本競馬のレベルの高さを表しているのかもしれない。