NEW

V6に「解散報道」 ! 疑いと怒りの声多数も、岡田准一と宮崎あおい「結婚強行説」にはジャニーズの嫌がる要素満載?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
couple.jpg

 10日付けの「東京スポーツ」が、アイドルグループ・V6の「解散危機」を報じた。昨年1月はSMAP解散騒動で話題がもちきりだったが、今年1月にもジャニーズアイドルの解散に関する報道が出るとは驚きである。

 同紙によれば、V6の「看板」である岡田准一が、長く交際中の女優・宮崎あおいとの「強行入籍」を今夏に予定しているという。それが現実となれば、ジャニーズ事務所が岡田を解雇、メンバー間の関係もバラバラで、そのまま解散もあり得るということだが......。

「2010年には『週刊文春』(文藝春秋)がV6の解散に関する記事を出しており、ファンの間では『またか』という声も多い。『適当なことを書くな』という声も多く、ほとんどのファンは疑いと怒りのまなざしを向けてますよ。とはいえ内容は衝撃的であり『東スポ』も相当な覚悟をもって出したと思われます。侮ることはできません」(記者)

 10年の「解散」報道の際にはジャニーズ事務所、電通、エイベックスなどがそのシナリオに沿って動き始めていた、という情報もあったが、メリー喜多川副社長が記事に激怒したことによって予定を変えたという話もある。ただ、メンバー間の関係は「良好」という声もあり、一概に今回の報道を鵜呑みにできない部分もあるだろう。

 ただ、もともと岡田と宮崎の交際をジャニーズ事務所が快く思っていなかったというのは何度もメディアで語られてきたところ。宮崎がまだ高岡奏輔と結婚していた中での「温泉旅行不倫」によって関係が発覚し、岡田が高岡の前で土下座させられたという話も出るなど、とにかくジャニーズ事務所が嫌がりそうな要素満点のスキャンダルだった。