NEW

京成杯(G3)は大混戦! クラシックに駒を進める上で、鍵は出走しないレイデオロ?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keibatachi.jpg

 春に行われる牡馬クラシック1冠目の皐月賞(G1)と同じ舞台で争われる京成杯(G3)。今年の出走予定馬は2勝馬が1頭のみとなっており実力が飛び抜けている馬はいない。レース経験の浅い若駒だけにまだ実力を発揮できていない馬も多く、ここまでの戦績を単純に比較することが難しいレースとなりそうだ。

 マイネルスフェーン(牡3、美浦・手塚厩舎)は再度その実力を示すことができるかに注目だ。同じ条件で行われた前走のホープフルS(G2)ではレース前の評価は低かったのだが道中は中団のインコースで足を溜めるそつの無い競馬で2着。結果的に直線でレイデオロに負けはしたものの内容はよかった。未勝利を脱出するまでに時間がかかってしまったものの、能力は十分にありそう。今回の出走メンバーにはそれほど強力な相手は揃っていないため、前走の走りがフロックではないのか、結果が求められる大事な1戦となる。

 レイデオロを基準に考えるとコマノインパルス(牡3、美浦・菊川厩舎)が通用しても不思議はない。葉牡丹賞(500万下)ではレイデオロから0.2秒差の2着だった。そのレイデオロが年末のホープフルS(G2)を制していることからメンバーが手薄となる今回は格上挑戦になるがチャンスはありそう。クラシックへ出走するためにもここで賞金の加算をして今後行われていく大舞台へ確実に参戦できるようにしたいところだ。

 ホープフルS(G2)4着のベストリゾート(牡3、美浦・木村厩舎)も有力。前走ではスタートで後手を踏んでしまったが直線に入ってからはじわじわと伸びてきていて能力の片鱗を見せていた。また朗報は他にもあり、現在のところ京成杯は2年連続でハービンジャー産駒が制しているレース。ハービンジャーを父に持つこの馬にも適性がありそうで、実際に中山競馬場での芝2000mのレースは新馬戦でも戦っており2着だった。3度目の正直となる今回こそは相性のいいコースで勝利という結果が欲しいところだ。

 サーベラージュ(牡3、美浦・堀厩舎)は新馬戦を圧勝している逸材だ。紛れが少なく能力が問われる東京競馬場の芝1800mを2番手から追走して早めに先頭に立つと、直線では他馬を寄せ付けない走りを見せた。まだ1戦しかしていないので過大評価はできないが、その実力を発揮すれば通用する可能性は十分にあるはずだ。どうしてもレース経験の少なさが気になるが、クラシックを目指していく中で本番となる皐月賞(G1)と同じコースを走る経験は貴重なものとなる。仮にここで結果が伴わなかったとしても今後の課題を見つけることができれば十分な収穫になるはずだ

京成杯(G3)は大混戦! クラシックに駒を進める上で、鍵は出走しないレイデオロ?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、マイネルスフェーン京成杯競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!