NEW

エアスピネルが武豊騎手で東京新聞杯へ! 「マイル路線徹底」「賞金加算」の思惑見えるも、ここが「鬼門」となる可能性も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1228horsmen_02.jpg

 5日の京都金杯(G3)を1番人気で制したエアスピネルが、次走を2月5日の東京新聞杯(G3)とすることがわかった。

 昨年より「2017春はマイル路線」と宣言していたエアスピネル陣営。その通り2戦続けてのマイル戦となるが、ファンからは距離適性などから今年G1になる大阪杯参戦の期待も叫ばれている。

「大目標は6月の安田記念(G1)でしょうから、同じ府中マイルである東京新聞杯を経験させたいという意図がありますね。賞金面でもまだG3を1勝だけと心もとない部分もあるのでしょう。大阪杯には出走せず、ここから4月のマイラーズC、安田記念を経て、宝塚記念をどうするか、という流れかと思われます」(競馬記者)

 昨年の宣言通り、マイル1本で飛躍を狙う意志が見て取れる今回の選択。ただ、この東京新聞杯はエアスピネルにとって「鬼門」になる可能性もある。

 ここ9年で1番人気が馬券に絡んだのがたった1度きり、とにもかくにも荒れるのが東京新聞杯。他にマイルの大物が出走してこない限り期待値含めエアスピネルが1番人気となりそうなだけに、嫌なジンクスではあるだろう。

 最後に1番人気が勝利したのは07年のスズカフェニックスまでさかのぼる。その時の鞍上も武豊騎手であり、大外からの豪快な差し切り勝ち。その後同年の高松宮記念も勝利している。今回も武騎手はエアスピネルを勝利に導き、G1戦線を順風満帆に迎えられるだろうか。

エアスピネルが武豊騎手で東京新聞杯へ! 「マイル路線徹底」「賞金加算」の思惑見えるも、ここが「鬼門」となる可能性ものページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、エアスピネル東京新聞杯武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!