NEW

キタサンブラックが大阪杯始動で「春古馬三冠」総取りを狙う! ライバルサトノダイヤモンドと激突の先にロンシャンの舞台が

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kitasanburakkutakeyutaka.jpg
キタサンブラック(競馬つらつらより)

 2016年のJRA年度代表馬キタサンブラック(牡5 栗東・清水厩舎)が、候補となっていたドバイ遠征を行わず、春は国内に専念することがわかった。

 キタサンブラックは今年G1に昇格する大阪杯から始動し、天皇賞・春の連覇、さらには宝塚記念制覇を目指す構えだ。今年から始まる「春古馬三冠」をいきなり達成しようということだろう。

 昨年は大阪杯2着、天皇賞・春1着、宝塚記念3着とすべてで馬券に絡み、その対応力の高さを示したキタサンブラック。陣営が「三冠」を狙えると思うのも当然だろう。三冠制覇すれば賞金とは別にJRAから2億円の「ボーナス」も手に入る。疲労の溜まりやすい海外遠征を狙うより、秋の大目標である凱旋門賞を目指す上でも最善策と言えるかもしれない。

 しかし、キタサンブラック陣営の野望には大きな壁が立ちはだかる。一足先に、同じく国内専念を発表した最大のライバル・サトノダイヤモンド(牡4 栗東・池江厩舎)だ。

 昨年の有馬記念、最後の最後でサトノダイヤモンドの凄まじい末脚に屈したキタサンブラック。まさに「頂上決戦」と言える内容だっただけに、今年も2頭のライバル関係が競馬界の中心となることは想像に難くないが、いきなり春古馬三冠すべてで激突する可能性も出てきた。