NEW

川田将雅騎手、落馬後の容態が判明。騎手が「離脱」によって受けるダメージ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keibajo0546xs.jpg

 8日の京都2Rで落馬負傷した昨年のダービージョッキー川田将雅騎手。精密検査で第2、3腰椎横突起骨折、鼻骨骨折であることが診断されたと「サンケイスポーツ」が報じた。

 騎乗復帰には数カ月かかるそうで、今後始まっていくG1戦線に絡んでいけるかは微妙な状況と言える。

 川田騎手は今年、シクラメン賞を圧勝してクラシックの有力候補と言われるサトノアーサーやフランケル産駒のミスエルテなどお手馬が充実していた。昨年は自己最高の135勝を上げ、その勢いに乗っての2017年だっただけに、今回の離脱は極めて残念なところだろう。

 昨年は、2月に若手筆頭と言える浜中俊騎手が落馬負傷で3カ月の離脱。最終的には63勝と一定の成績は残したものの、ミッキーアイル、ミッキークイーンを除けばビッグレースではなかなかいい結果を得られず、どこかモヤモヤした年になってしまった印象。川田騎手もそんな1年になってしまう可能性は誰にも否定できないだろう。

 負傷による離脱で愛馬が乗り替わり、そのまま戻ってこないというのはよくある話。上位騎手であればあるほど、その明暗はクッキリと分かれてしまうが、まずはケガをしっかりと癒し、また元気に復帰してほしいところだ。