NEW

今、武幸四郎が凄い......呪縛から解き放たれた「天才になれなかった弟」。騎手引退カウントダウンに舞い降りた「兄・武豊」を超える奇跡の騎乗

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
takekoushiroukishu.jpg

 これが間もなく騎手業を引退して、調教師になろうとしている男の騎乗だろうか......今の武幸四郎騎手には"競馬の神様"が宿っているのかもしれない。

 すでに3週目を終えた2017年の競馬。早くも各ジョッキーたちの間では好不調の明暗が分かれ始めている。そういった中、2勝以上の複数勝利を挙げている騎手で、現在最も勝率が高いのが武幸四郎騎手だ。

 現在関西リーディングトップと、年明けから好調を維持している兄・武豊騎手でさえ6勝という序盤、幸四郎騎手はすでに3勝を上げている。昨年、年間でわずか11勝に終わった男が今月だけで3勝。関西リーディングでも15位と例年になかった存在感を発揮しているのだ。

 それも今年の騎乗数は、わずか6鞍。調教師転身のため2月末に引退を控えている騎手だけに、騎乗馬を集めることは簡単ではないが、そういった中での3勝は本当に価値が高いといえる。

 武豊騎手でさえ勝率が15.4%という一方、幸四郎騎手は驚異の5割をキープしている奇跡的な状況だ。

 無論、レースで勝つのは簡単なことではない。昨年の武幸四郎騎手の勝率はわずか5.3%、1勝や2勝ならまぐれ当たりもあるかもしれないが、「2戦1勝」のペースで3勝を積み上げるのは決して容易な話ではないということだ。

 何よりも賞賛すべきは引退という"ゴール"を目の前にしながらも、最後まで全力で勝負に挑んでいる武幸四郎騎手の「姿勢」に他ならないだろう。

今、武幸四郎が凄い......呪縛から解き放たれた「天才になれなかった弟」。騎手引退カウントダウンに舞い降りた「兄・武豊」を超える奇跡の騎乗のページです。GJは、競馬、引退武幸四郎武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!