NEW

ウオッカ×フランケルの「夢の配合馬」が来年の英ダービー(G1)に登録。2歳女王ソウルスターリングを超える「17冠ベビー」の動向に注目

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
uokka.jpg
ウオッカ(JBISサーチ公式サイトより)

 年が替わり、今年も数多くの3歳馬がクラシックへ向けた戦いを繰り広げているが、その中心となるのは、やはり日本ダービー(G1)だ。

 日本中央競馬会(JRA)の3歳の番組構成そのものが日本ダービーを中心に構成されており、古馬のグランプリ有馬記念(G1)と並ぶ日本競馬の看板レースとして確立されている。

 ただ、「世界最高峰のダービー」といえば、やはりイギリスのエプソム競馬場で開催される英ダービーということになるのだろう。

 一昨年の勝ち馬ゴールデンホーンが同年の凱旋門戦も勝利して欧州年度代表馬に選出されたこと、昨年の英・愛ダービー馬ハーザンドを輩出したシーザスターズや、現在世界最高の成功を収めているガリレオなど、過去の勝ち馬にも歴史的な名馬がズラリと並ぶ英ダービー。

 これまで日本ダービーが83回の歴史を重ねてきた中、未だ英国のダービーに挑戦した日本馬はいない。今年もマイネル軍団の総帥・岡田繁幸氏が所有するトラストとコスモスに英ダービーを目指すプランがあったが、どうやら実現することはなさそうだ。それは即ち、今年も英ダービーに挑戦する日本馬がいないことを意味する。

 昨年、ラニが1995年のスキーキャプテン以来、21年ぶりのケンタッキーダービー(G1)挑戦を果たした。結果は9着だったが、それでもダートの世界最高峰のダービーに挑んだ意義は大きい。『JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY』の新設を含め、日本競馬におけるケンタッキーダービーへの距離を一気に近づけたといえるだろう。

 そういった意味でも、今や日本から英ダービーに挑戦する猛者が現れてもおかしくはない時代になったといえるが、実際に来年2018年の英ダービーに一次登録を済ませている日本馬がいることはあまり知られていない。

ウオッカ×フランケルの「夢の配合馬」が来年の英ダービー(G1)に登録。2歳女王ソウルスターリングを超える「17冠ベビー」の動向に注目のページです。GJは、競馬、ウオッカフランケル英ダービーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!