NEW

天才・武豊を見限った"レジェンド"は正しかった!競馬界で異彩を放つプロ予想家集団

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
天才・武豊を見限ったレジェンドは正しかった!競馬界で異彩を放つプロ予想家集団の画像1

「ただより高いものはない」

 これは、「無料のものをもらうと、後から高い出費を強いられる」といった意味で、古くから使われてきた言葉だ。しかし、今やインターネット社会になり、当たり前のように「無料サービス」が増えている。代表的なのは「Yahoo!」や「Google」といった大手検索サイト、さらにはTwitterやブログなどのSNSがそうであり、とても無料とは思えないさまざまなサービスが揃っている。

 だが無料といえども、そこにはしっかりとビジネスモデルが確立されているのだから、本や書籍を一生懸命売っていた20年前とは時代が変わったのだ。それが如実に表れているのが、競馬業界といえるのではないだろうか。

 ネットがない時代、予想法や情報を入手する手段は競馬雑誌や書籍、そして週末に購入できる競馬新聞といったものしかなかった。しかし今はまったく違う。スポーツ紙に掲載されているような情報や予想は、ありとあらゆる無料競馬サイトで見ることができ、さらにはプロ顔負けの予想理論を無償で公開している競馬ファンのブログを見ることもできる。確かに便利になったのは間違いないが、結果として「確かな予想」「正確な情報」がぼやけてしまったように感じるのは気のせいだろうか。これぞ競馬におけるネットの功罪といえるだろう。

 一般的に無料サイトは「何から何まで完全無料」か「ワンランク上のサービスを利用するには有料登録が必要」といったかたちに分かれる。後者の有料サービスを持つサイトのほうが内容は充実しているかのように思えるが、現実はそうではないことも多い。

 たとえば、業界トップクラスの某競馬ポータルサイトは、ある程度のコンテンツは無料だが、肝心なところで有料登録を要求される。それは大きな金額ではないが、ちょっとしたものを見たいがために月額サービスに申し込むのはイマイチ納得がいかない。もちろん、「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ/ガンホー)のような課金ゲームと同じで、有料会員の存在によってサイトの運営を維持できることもあるだろう。

 しかし、どうせならすべてのコンテンツを無料で見たいというのがユーザーの本音であり総意でもあるだろう。そのうえで、広告等の収入でサイトを運営できる環境にあれば、「Win-Win」の関係といえる。


●50万人が利用する無料サイト

 そういった意味では、「競馬ラボ」はなかなかの優れものだ。何から何まですべてのコンテンツが完全に無料という素晴らしいサイトで、利用者は50万人に達するといわれる。実際に利用してみると、充実したコンテンツが揃い、非常に見応えがあって、利用者が多いのが納得できる。

 そのなかで、まずオススメしたいコンテンツは、『水上学の血統トレジャーハンティング』だ。これは東京大学卒業という競馬界では珍しい経歴を持つ水上学氏が編み出した理論で、ギャンブルにおいて競馬だけに存在する「血統」という観点をベースに、多角的に予想するというもの。水上氏は、ラジオ日本での解説もお馴染みで、非常にしゃべりがうまい。理路整然とした説得力のあるトークは、さすが東大卒と感じさせる。そんな水上氏の予想だけでもお金を払う価値があるコンテンツだが、もちろんこれも無料だ。

 さらに、G1シーズンになると復活する注目のコンテンツが『G1総力特集』だ。予想に必要なすべての情報が揃っている。

そんな有益情報満載の競馬ラボのコンテンツのなかでも、特に読んでもらいたいのが非常に中身の濃い『関係者インタビュー』だ。通常、スポーツ紙などに掲載される関係者のコメントは、"ほんの一言"程度。紙媒体はスペースに限界があるためやむを得ないが、ファンとすればすべての質問を余すところなく読みたいもの。その点、競馬ラボのインタビューにはビッシリと関係者の本音が掲載されており、とっても読み応えがある。