NEW

天才・武豊を見限った"レジェンド"は正しかった!競馬界で異彩を放つプロ予想家集団

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●"レジェンド"たちが共演するリアルな神予想

 そして、なんといってもG1レースに関しては『メガ盛り競馬新聞』は絶対に外せない。以前は、コンビニエンスストアなどで買っていた競馬新聞以上の情報が、ネットを使って無料で見られるのだから、非常に大きな価値がある。そこに掲載されている元騎手の安藤勝己氏や増沢末夫氏といった競馬界の"レジェンド"たちが披露する予想は、本当に面白い。これも、お金を払っても損しないコンテンツだといえるが、やはり無料だ。彼らの予想を見るとプロの予想が、近年増えている素人予想とどれほど差があるのか、よくわかる。たとえば、2月に行われたフェブラリーステークスでは、コパノリッキーの判断が非常に難しかった。同馬は、直近の数戦では勝てずにいたものの、昨年までこのフェブラリーステークスを連覇しており、そして鞍上は"天才"武豊だからだ。

天才・武豊を見限ったレジェンドは正しかった!競馬界で異彩を放つプロ予想家集団の画像2

 あるスポーツ紙ではコパノリッキーを大々的に推奨していたが、『メガ盛り競馬新聞』の中で競馬記者の古川幸弘氏はまったくの無印、つまり馬券に絡む可能性はないと判断したのだ。

結果は、古川氏が上位に評価した3頭が1着2着3着を独占し、コパノリッキーは大敗した。競馬予想のプロとスポーツ紙の差を感じさせた一戦だった。このように、競馬ラボの無料コンテンツをうまく使うと、難なく高い確率で馬券を的中させられる。本当に便利な時代になったものである。

 競馬ラボには、多くの競馬ファンが使用していることからわかるように、完全無料にもかかわらず有料競馬媒体を大きく上回る秀逸なコンテンツがズラリと揃っている。個人情報を提出する必要もなく、メールアドレスを登録するだけで情報はすべて無料で得られるので、気軽に利用できる。世の中には、さまざまな競馬無料サイトがあり、ハズレも少なくないが、この競馬ラボはユーザーの満足度でいえば、かなり高いレベルに達するだろう。

天才・武豊を見限ったレジェンドは正しかった!競馬界で異彩を放つプロ予想家集団の画像3

●今週末の高松宮記念へ向けて

 3月26日には、G1レースの高松宮記念(中京競馬場・芝1200m)があるが、今年は昨年の優勝馬ビッグアーサーが不在で、全体的にも手薄なメンバー構成だ。競馬ラボの『G1総力特集』では、馬体フォーカス、有力馬直撃インタビュー、機密データファイル、血統プロファイリング、メガ盛り競馬新聞など、多彩なコンテンツを公開する。昨年も『メガ盛り競馬新聞』でしっかりと的中させており、今年も楽しみである。

 また競馬ラボは、ネットサービスだけでなくアナログな活動も行っている。高松宮記念翌日の3月27日には、新宿ロフトプラスワンでファンも参加できる「競馬ライヴ」イベントを実施する。安藤勝己氏や現役JRA騎手の柴山雄一騎手などが出演する予定で、新しくG1レースとなった大阪杯や桜花賞などに関するトークで盛り上がるだろう。今からチケットを手に入れることも可能だ(詳細は競馬ラボのサイトへ)。

 これから始まる春の競馬シーズンに向けて、競馬ラボを利用してより競馬を楽しんでもらいたい。
全てのコンテンツ無料CLICK→競馬ラボ
(文=編集部)

※本稿はPR記事です。