NEW

【高松宮記念(G1)展望】春の連続G1開催がついに開幕!主役不在の大混戦となる「春のスプリント王決定戦」に名乗りを上げるのは!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【高松宮記念(G1)展望】春の連続G1開催がついに開幕!主役不在の大混戦となる「春のスプリント王決定戦」に名乗りを上げるのは!?の画像1
レッドファルクス(競馬つらつらより)

 26日、春の連続G1開催の幕開けとなる第47回高松宮記念(G1)が中京競馬場で開催される。

 昨年は1番人気のビッグアーサーが、1:06.7というスーパーレコードで快勝。デビュー5連勝を飾った大器がついにビッグタイトルを手にしたレースだった。だが、同時にこの土日の中京競馬場は異様な超高速馬場で、1200mのレコードが3度も塗り替えられる異常事態。これにはレース後に大きな物議を呼んだ。

 今年も馬場状態が気になるところだが、昨年の覇者ビッグアーサーやシルクロードS(G3)を勝ったダンスディレクターらが回避を表明。「主役不在」の大混戦となっている。

 だが、それでも昨年のスプリンターズS(G1)の覇者レッドファルクス(牡6歳、美浦・尾関和人厩舎)に敬意を払わないわけにはいかない。

 昨夏までは短距離でも主にダートを走っていたが、M.デムーロ騎手との新コンビで7月のCBC賞(G3)を勝ってから大きく流れが変わった。重賞初制覇となったCBC賞での上がり32.7秒という強烈な末脚が評価され、本番のスプリンターズSでも3番人気に推されたレッドファルクス。4コーナーでまくり気味に進出すると、内で馬群に詰まるビッグアーサーを尻目に、逃げ粘るミッキーアイルを豪快にかわしてゴール。初のG1挑戦で、スプリント界の頂点に上り詰めた。

 だが、その後の香港スプリント(G1)では見せ場なく12着に大敗。そのダメージが抜けきらず、この高松宮記念にもぶっつけで挑むこととなった。ただ、今回は重賞勝ちのCBC賞と同じ舞台。再び豪脚がさく裂すれば、統一スプリント王の座も見えてくる。

 前哨戦のオーシャンS(G3)を1番人気で快勝したメラグラーナ(牝5歳、栗東・池添学厩舎)の勢いは、この混戦を断ってもおかしくない迫力がある。