NEW

サッカーW杯アジア枠「大幅増」報道にドッチラケ!? その決定の先に待つのは「拝金主義」と「大会意義没落」か?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカーW杯アジア枠「大幅増」報道にドッチラケ!? その決定の先に待つのは「拝金主義」と「大会意義没落」か?の画像1
「「AC photo」より」

 国際サッカー連盟(FIFA)は、出場チーム数が現行の「32」から「48」に拡大される2026年W杯の大陸別出場枠の案を30日に発表した。

 アフリカ:9(現行5)
 アジア:8(現行4.5)
 欧州:16(現行13)
 北中米アメリカ:6(現行3.5)
 オセアニア:1(現行0.5)
 南米:6(現行は4.5)

 5月のFIFA理事会で承認されれば、この大陸別出場枠が2026年W杯で採用される訳だが......。

 この発表にファンからは批判の声が上がっている。その多くは、アジアが現在の「4.5」から大幅増の「8」となった点に対するものだ。

 前回のブラジルW杯でアジア勢は0勝9敗3分。出場した全チームが予選リーグで敗退と大惨敗を喫した。その結果を受け「アジア枠は減らすべき」「他の国へ回して欲しい」という意見が飛び交うことになった。

 サッカーファンの多くが求めるものは「質の高いW杯」である。毎回のように存在する「出場枠の壁に敗れた欧米・欧州の強豪国を呼ぶべき」という考えが生まれることも当然。アジア枠を減らし、欧米・欧州を増やすという行為が「質の高いW杯開催」への近道であることは間違いないのだ。

 しかしファンの声も虚しく、アジアは減少されるどころか大幅増と「優遇措置」を受けることとなった。その決定に対し「FIFAは質の高いW杯実現を重要視していない」と思わざるを得ない。

サッカーW杯アジア枠「大幅増」報道にドッチラケ!? その決定の先に待つのは「拝金主義」と「大会意義没落」か?のページです。ギャンブルジャーナルは、スポーツ、アジア枠増加サッカーサッカーW杯の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!