NEW

サトノダイヤモンド「最強コンビ」で凱旋門賞登録! 昨年結果に見る"作戦"の重要性

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サトノダイヤモンド「最強コンビ」で凱旋門賞登録! 昨年結果に見る作戦の重要性の画像1

 昨年菊花賞と有馬記念を制し、年明け初戦の阪神大賞典も軽々と勝利したサトノダイヤモンド(牡4 栗東・池江厩舎)が、10月1日に開催される凱旋門賞(仏G1)に登録したことがわかった。

 昨年段階から「凱旋門賞挑戦」が示唆されていたサトノダイヤモンド。次走は天皇賞・春(G1)で決定しているが、その後宝塚記念に出走するとは明言していない。これも、秋のフランス遠征を考えて調整するに違いない。陣営は本気で制覇を目指しにいく構えだ。

 さらに、僚馬であるサトノノブレス(牡7)も陣営は同時に登録。この2頭を登録したということは、またあの"連係プレー"が見られるということだろうか。

 昨年の有馬記念、主役の一角だったキタサンブラックに対し、サトノノブレスがプレッシャーをかけ、結果としてサトノダイヤモンドの勝利につながったのは多くのファンが目の当たりにしているところ。フランスの地でもサトノダイヤモンドの"アシスト役"としての出走する可能性は極めて高い。

 そして、凱旋門賞に限らず、欧州競馬ではこういったペースメーカーやアシスト役というのは決して珍しい事象ではない。昨年の凱旋門賞では、勝利したファウンド、2着のハイランドリール、3着のオーダーオブザセントジョージと上位がオブライエン厩舎で占められたが、ファウンドをインコースの最高の状態で抜け出させるための"作戦"が見て取れた。

 また、日本馬の挑戦でも、2012年の凱旋門賞ではオルフェーヴルのペースメーカーとしてアヴェンティーノが出走している。今回の「サトノ軍団」の出走が初めてというわけではなく、池江厩舎という点も同じだ。1頭での出走よりも、より期待がもてるというもの。

 凱旋門賞には、すでに国内で最大のライバル・キタサンブラックも登録している。ダイヤモンドと激突する天皇賞はさしずめ「凱旋門賞の前哨戦」といったところか。まずはその結果を踏まえつつ、秋のフランスに思いを馳せたい。

サトノダイヤモンド「最強コンビ」で凱旋門賞登録! 昨年結果に見る"作戦"の重要性のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、サトノダイヤモンドサトノノブレス凱旋門賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!